対韓国輸出規制で日韓関係は改善するのか?

【徴用工問題と対韓国輸出規制について】2019年7月4日、日本政府は韓国に対し、3つの半導体素材について輸出規制(優遇措置の撤廃)を発動。韓国は「日本が撤回しなければ相応の措置を取る」と猛反発。日韓関係は改善するのか?悪化するのか?文在寅大統領が折れることはない?それとも・・・改善する必要ない?ケンシロウヨの意見は?

 

ついに、

 

安倍首相の堪忍袋の緒が切れた。

 


 

という感じで、

 

2019年7月4日、

日本政府は韓国に対して輸出規制を発動しました。

(正確に言うと優遇措置の撤廃で、禁輸ではない)

 


 

この件に関しては賛否両論あると思います。

 

・日韓関係が致命的に悪化する愚策である。

・米中貿易戦争のように泥沼化する恐れあり。

・口で言っても韓国には響かないからしょうがない。

・地獄すらなまぬるい。

 

うん。色んな意見があるようですね。

 

あれ?

 

ケンシロウヨさんも居ます?

 


 

気持ちはよく分かります(笑)。

 

そして、

 

当然の如く韓国は猛烈に反発しています。

 


ほう・・・韓国から「常識」という言葉が出てくるとは(笑)。

 

で、韓国は対抗措置として6つのカードを考えてるんだそうな。

・WTOへの提訴
・戦略物資の対日輸出制限
・日本製品の輸入規制
・諸外国と連携して日本に圧力を掛ける
・日本観光ボイコット
・日本製品の不買運動

この中で効果がありそうなのは「日本観光ボイコット」「日本製品の不買運動」くらいと言われていますが、韓国政府がどういう対応をするのか見ものです。

 

さて、この輸出規制(優遇措置の撤廃)。

 

私達が思うよりもかなり深刻なダメージを韓国に与えるようです。というのも、輸出規制対象の3品目は韓国の主産業である半導体の製造に必要不可欠。これがないと・・・韓国はスマホもテレビも作れないわけ。

 

つまり、この輸出規制は、

韓国の息の根を止めうる措置。

なわけですよ。

 


 

当然、

・慰安婦財団の同意なき解散

・レーダー照射事件

・徴用工問題

といった数々の問題に対し、韓国政府が極めて不誠実な対応をしてこなかったことへの、

 

報復措置であります。

 


 

「約束を守れない国に優遇措置は取れない」

 

至極ごもっとも。当たり前でしょう。

 

慰安婦問題やレーダー照射問題や徴用工問題の詳細については割愛しますが・・・

そのいずれも韓国政府は、

「約束を守らない」

どころか、

「一方的に破る」「嘘を付く」

といった不誠実極まる対応を続けてきました。

 

もう、うんざりです。

 

そして日本政府は、

何度も何度も何度も何度も抗議してきましたよね。

それを無視し続けたのは韓国政府であり、

いわば、自業自得。

ケンシロウヨさんの言うことも分かる気がしますよ。

 

さて、問題は今後どうなるか?

 

この件に関して日本が折れることはないと思われますので、

韓国政府が折れるか?折れないか?

ということになりますね。

 

うーむ。

 


 

ま、文在寅大統領が在任の間は

韓国政府が折れることはなさそうです。

 

折れる=日本に屈服=支持率急落=大統領辞任

 

ということになるからです。

 

ってことは・・・

 

今後、日韓関係は悪化の一途をたどる。

 

ということになるかと言えば、

 

そうはならんでしょう。

 

何故かといえば、

サムスングループを含む韓国経済界が黙ってないからです。

韓国経済にとって半導体は生命線ですからねー。

 


 

というわけで近い将来、韓国では

世論の変調文在寅大統領の辞任騒

起こるんじゃないか思っています(期待込み)。

 

日本政府もおそらくソコに期待してるんだと思いますね。

 

ま、もし・・・

 

そうならんかったとしても・・・

 

別にいいか(笑)

 

ね。ケンシロウヨさん。