【元徴用工の賠償問題について】2018年10月30日、韓国最高裁判所にて「元徴用工に対する賠償を日本企業に命じる」旨の判決が出ました。日本政府は「日韓請求権協定」にて完全に解決済との立場で猛抗議をしているが・・・さて、この徴用工問題、本当に問題なの?強制連行された?強制労働させられた?慰謝料請求って正当なの?

 

2018年10月31日、韓国最高裁にて、

「元徴用工に対する賠償を日本企業に命じる判決が確定」

というニュースが新聞の一面に踊りました。

 



 



 

ネットニュースでもドカドカ流れてるんで

知ってる方も多いと思います。

 

「国際社会の常識では考えられない」 河野外相、韓国の李大使を招致

元徴用工に賠償を命じる韓国最高裁の判決に日本政府が猛反発 その理由とは

元徴用工判決に元駐韓大使「韓国に何かあったときに助けようという意識は薄らいでいく」

 

ほとんどのニュースでは、

 

・戦時の賠償問題は1965年の日韓請求権協定で完全に解決済である。

・日本は毅然とした態度で断固抗議すべし。

・今後の日韓関係に影を落とす。

 

という話になっており、

 

私もその通りであると思います。

 

抗議すべし!

 

とか言う前に、

 

頭がおかしいんじゃないか?

 

と思いますよ。

 

この日韓請求権協定は、

 

日本が韓国に対して無償3億ドル、有償2億ドルを供与することなどで、両国及びその国民の間の請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決された」と確認する内容である。したがって、戦時中などに生じた事由に基づく請求権は、いかなる主張もすることができない。

 

というものであります(詳細はこちら)。

 

韓国はこのことを長らく国民に説明していなかったそうで。

 

日本からの8億ドルをもって(民間借款で+3億ドル支払っている)

戦後復興の礎にしたのは誰の目にも明らかです。

 

これが現代に換算するといくらなのか?

 

当時の為替レートは1ドル360円。

物価は今の1/10以下だったわけですが、

単純に10倍で計算すると、

 

8億ドルは、現在の2兆8800億円に該当します。

 

韓国はこのお金を個人賠償に用いず、

戦後復興の費用に当てたわけでね。

(仮に、個人請求権があるとするなら「被告は韓国政府」であるべきだと思います)

 

そしてこの件は歴代韓国政権も認めており、

「個人の請求権はない」という認識を示して来たのです。

 

そういった事実があるのにも関わらず、

今更「戦時中の個人賠償問題」を取り上げ、

さらに最高裁判所で

「個人の請求権は消滅せず」

という判決が出てしまったわけです。

 

なんとも恥知らずな国柄だろうと思うわけ。

 

こんなもんは

国際法に基づいて判決を出してもらえばいいんだろうけど、

 

韓国は国際裁判所の椅子には座らん!

 

と言ってるわけでね。

(負けるのが分かっているからだろうね)

 

恥知らずの上に卑怯だと思うわけですよ。

 

※韓国の人を卑怯と言ってるわけではない。

韓国という国が恥知らずで卑怯だと言っている。

 



これはソウルにある徴用工像。しかし韓国は像を作るのが好きだね。

 

で、

 

一つ日本人として知っておきたいのは、

 

「本当に、徴用工問題が存在するのか?」

 

という点です。

 

ニュースを見ていると、

 

「強制労働させられた元徴用工の損害賠償請求は正当だが、日韓請求権協定があるので日本企業には支払う義務がない」

 

みたいに書かれてることが多いわけですが、

 



 

本当に、元徴用工には賠償しないといかんのでしょうか?

 

給料未払いって本当なの?

 

強制労働させられたって本当?

今回、その慰謝料を日本企業に請求している

 

もちろん、私には本当のことは分かりません。

 

中には給料もらえんかった人もいるかもしれんし、

 

強制的に労働させられた人もいるかもしれん。

 

しかし・・・

 

当時、

 

1000名の炭鉱員募集に、

朝鮮人7000人が殺到した!

戦時徴用は強制労働は嘘 1000名の募集に7000人殺到していた

 

ということを韓国人の方が暴露してるわけでね。

 

さらに、

 

当時、どれだけの朝鮮人が日本に渡って来ていたかは・・・

こちらを読むと詳しく書いてありますよ。

徴用工「残酷物語」は韓国ではなく日本が生んだイメージだった

 

密航者も多く、

強制送還させられた人もかなり多かったらしいですから、

どれだけ日本に渡航したい人が多かったのか?

というのがわかる話ですね。

 

つまり、

 

多くの朝鮮人労働者は、自ら進んで日本に来た・・・

出稼ぎ労働者!

だったわけ。

 

あるいは、

日本に移住するためにやってきた、

合法移民・不法移民!

だったわけです。

 

つまり、日本が強制連行で無理矢理連れて来た人は、

全くいないってこと。

 

そんなことする必要がないくらい、

人気があったわけですから。

(終戦間際は人気なかったでしょうけど)

 



 

お父さんが無理やり連れて行かれる・・・

この像みたいなイメージは全くの嘘デタラメ。

 

朝鮮から無理やり連れられてきて、

無給で強制的に働かせられた!

 

ってんならそりゃ慰謝料請求すんのも分からんでもないですよ。

 

しかし、そうではないのです。

 

多くの朝鮮人は自ら進んで日本に来たのであり、

多くの朝鮮人は普通に労働の対価として給料を貰っていたのです。

 

(そうではない不幸な方も中にいるかもしれませんが、かなりの少数派だと思われます。というか当時日本の若者は赤紙一枚で強制徴兵されていたわけですから、それに比べれば・・・と思いますけどね)

 

これって・・・

 

なんかに似てね?

 

そう・・・

 

「慰安婦問題」と全く同じ構図。

 



 

真実を捻じ曲げ、

 

韓国人の反日感情を煽り、

 

対日カード・国際問題にする手法。

 

裏にいるのは、

 

もちろん中国。

 

先日、安倍首相が中国で歓待を受けたばかりですが、

韓国を使って裏の手を打っていたわけですか。

 

この「徴用工」の問題もね。

 

対応を誤るとドンドン不利になって行くと思いますよ。

 

中国はこういう情報戦が大得意ですから。

あっという間に全世界に

「徴用工=強制労働」

みたいなイメージが広がってしまいます。

 

まず、我々一人ひとりが事実を知っておくことが大事。

 

政府には毅然とした態度での対応と、

積極的な情報公開をしていただきたいと思います。

 

「徴用工は出稼ぎ労働者」

 

強制連行も強制労働もなかったんだ・・・ってね。