バレンティンのホームラン記録予想+歴代本塁打王記録

管理人asajiroは、プロ野球好きのただのオッサンですが、
やはり日本人なのでしょうね。

 

外国人助っ人が活躍すると複雑な思いが巡ります。
贔屓のチームの助っ人が活躍するのは嬉しい限りですが、
外国人が何か記録を打ちたてようとすると、
なんとなく「もうそこらへんでええんちゃう?」と思ってしまうのです。

 

アレックス・カブレラ

もうそこらへんで・・・ええんちゃう?

 

タフィー・ローズ

もうええって!

 

 

この思いは私だけじゃなく、多くの日本人が共有してると思います。
(ということは、大リーグでイチロー選手もそう思われているってことです)

 

ちょっとここで、歴代本塁打ランキングを見てみましょう。

選手名所属球団本塁打数記録年
王貞治読売ジャイアンツ551964年
タフィー・ローズ近鉄バッファローズ552001年
アレックス・カブレラ西武ライオンズ552002年
ランディ・バース阪神タイガース541985年
野村克也南海ホークス521963年
落合博光ロッテオリオンズ521985年
小鶴誠松竹ロビンス511950年
王貞治読売ジャイアンツ511973年
タフィー・ローズ近鉄バッファローズ512003年
王貞治読売ジャイアンツ501977年
落合博光ロッテオリオンズ501986年
松井秀喜読売ジャイアンツ502002年
アレックス・カブレラ西武ライオンズ502003年


 

小鶴誠サンという方は知りませんでした。
あまり名前が出て来る方ではないですが・・・1950年にホームラン50本打ってます。
さらに歴代最多得点143、歴代最多塁打数376、歴代最多打点161という記録があります。
小柄で足も速かったそうで、50本ホームラン打った年には28個の盗塁も記録。
・・・スゴイ選手だったんですねえ。

 

もちろん、過去と現在とを比べるのはナンセンス。
試合数も違いますし、球場の広さも違いますし、以前はドームなんて無かったし、
スポーツ科学は今も進歩してますし、ボールだってバットだって違うのです。

 

しかし、それでも・・・

 

シーズン本塁打記録55本を破るのは・・・

 

松井秀喜巨人時代

松井秀喜であって欲しいと日本人は思ってるのです。

 

あ、いや、引退しちゃったけどさ、

もし松井が大リーグに行かなかったら・・・55本超えも夢じゃなかったと思いたいのです。

 

 

現代に帰ります。

 

バレンティン55本

 

バレンティン(ヤクルト)の勢いが止まらんのだ!

 

8月の終わりですでに52本のホームランを放ち、

日本プロ野球記録の55本まであとわずか。

 

そんで残り試合は?

まだまだ30試合近くあるのでーす。

 

最近は露骨な四球が増えてますが、
さすがに30試合あればね・・・55本は余裕で越えるっしょ。

 

55本を打ったタフィ・ローズやアレックス・カブレラはシーズン終盤は、
まともに相手して貰えませんでしたが・・・さすがに残り試合数が違います。

 

野球の醍醐味はやっぱりホームラン。

今年のバレンティンは最高でした。

 

バレンティン55本2

 

球場に足を運ぶ人は豪快なホームランに喚声をあげ、

メガホンを叩き、タオルを振り、傘を突き上げるのですよ。

 

下らん四球攻めは止めにして、

そしてみんなでバレンティンが何本打つか予想しましょう。

 

私のバレンティンホームラン予想は62本!

 

ちなみに、バレンティンは昨オフに2016年までの大型契約を結んでおり、
来シーズンもヤクルトにプレイする予定です。
しかも今期の年棒は95万ドル(約9300万円)と一億円にも達していません。
(2014年~2016年の総額750万ドル)

 

もし、契約更改が今年だったら・・・
倍の金額でもまとまらなかったかもしれませんね。
(そして、巨人とか阪神が取りに行く構図)

 

しかし、ヤクルトは外人選手の取り方が上手いなあ・・・。