イスラム国は悪?アメリカは善?正義はどちらにある?

 

こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。

 

連日、メディアを賑わしてる・・・

 

「イスラム国」

 

イスラム国画像1

 

 

イスラム国画像2

 

 

イスラム国画像3

 

 

その過激な行動テロ活動などは
全くもって許せるもんではありませんし、

 

日本人を人質にとって身代金を要求するなど

 

言語道断!

 

許すまじイスラム国!

 

でありますよ。

 

・・・

 

だけんどもしかし・・・

 

どうもキナ臭い感じがするわけです。

 

何故かというと、
マスコミが皆同じ内容の報道をしておるからです。

 

「イスラム国」=「悪」

 

だからイスラム国は打倒せねばならない。
だから全世界は(日本も)協力しよう。
イスラム国と戦うのは善である!

 

「テロには決して屈するな!」

 

という論調です。

 

うむ。

 

そうだそうだ!曹操だ!

 

そうだそうだ!

イスラム国は悪だ!

テロを世界中から根絶せよ!

 

・・・と言うのは簡単ですが、

 

事の発端はなんでしたっけ?

 
どうやってイスラム国は生まれたの?
なんでイスラム国はテロを行うの?
イスラム国は何に怒ってるの?

 

イスラム教圏とキリスト教圏の
宗教的対立がクローズアップされますが、
(実はユダヤ民族も深く関係してますが)

 

元々はイラク国内の
シーア派と過激スンニ派の争いじゃなかったっけ?

 

イラク政府(シーア派)がアメリカに泣きついて
(現イラク政権は米国の傀儡政権)

 

イスラム国(過激スンニ派)に空爆を開始したわけですよ。

 

イスラム国空爆1

 

 

イスラム国空爆2

(注、これはイスラエルのガザ空爆画像。イスラム国空爆の情報は非常に少ない模様)

 

いえ、私にはイラク政府(シーア派)とイスラム国(過激スンニ派)の

 

どっちが正しいとか分かりませんよ。

 

宗教上や政治上の対立があるのでしょうし、

 

どちらも正義を掲げて戦っているのだと思います。

 

そこに口出ししてるのが欧米。

 

そして、イスラム国の残虐な一面が殊更クローズアップされ、

 

イスラム国は許せん!と欧米は言ってます。

恐怖支配が止まらない…恐るべきイスラム国の真実【ISIS】

 

それは確かでありましょう。

 
私もそう思います。

 

しかし、これは基本、他国の問題なのでは?

 

アフリカ諸国でも内戦とか民族の争いが度々発生し、
時に残虐非道な事件・争いが起きたりしますが、

 

ルワンダ大虐殺(最初の1分でいいので御覧ください)

 

欧米は何も言いませんよ。
(欧米の支配、部族の対立が原因という点では中東の構図と非常に似ています)

 

残虐行為だから空爆せねば!とか言い出しませんよね?

 

また、北朝鮮は危険な独裁政治の上に核ミサイルも持ってますね?

 

テポドンC

 

度々ミサイルの試射を行ってますし、
多くの人民が非人道的扱いをされ、飢えに苦しんでいます。

 

でも欧米は何も言いません。

 

イランは核開発の疑いがあるというだけで袋叩きにするのに、です。

 

じゃあなんで
イラクやイランなど中東アラブ地域にはアメリカが口出しするか?

 

というと、

 

石油利権

 

があるからです。

 

 

つまり、イスラム国との戦い=オイルマネー争奪戦。

 

アフリカの内戦に干渉してもお金にならんのです。
北朝鮮をとっちめてもお金にならんのです。

 

この石油利権にイスラム国が手を出したから、
アメリカ(国際石油メジャー)が怒ったわけ。

 

つまり、
欧米がイスラム国を非難し、
勧善懲悪のイメージを創りだす裏側には、

 

欧米側の空爆を正当化し、
(空爆を行うことで儲かる人達がいる)

 

石油利権を取り戻すこと!

 

という大戦略があるのです。

 

だとすれば・・・
イスラム国によるテロとか残虐行為は、
欧米にとってむしろ大歓迎ってことになりますよねー。

 

嘘かホントか知りませんが、
アメリカの自作自演って話もありますよ。

あ、動画削除されてますね。あえてそのまま残しますが・・・(察し)

 

(いずれにせよ、イスラム国はアメリカが生み出した怪物・・・と言えますね)

 

・・・

 

しかしどうなんでしょう?

 

石油利権を取り戻すのが目的だとして、

 

アメリカに怒る権利があるのでしょうか?

 

この石油利権は元々イスラム世界から
アメリカ(国際石油メジャー)が分捕ったものです。

 

大元をたどれば・・・

 

「残虐行為を行っている」

「大量破壊兵器を保有している」

「アルカイダを匿っている」

 

などと世界中に嘘をついて、

 

湾岸戦争・イラク戦争・アフガン戦争などで

 

イラク戦争

 

イスラム世界を攻撃した・・・

 

アメリカ

 

に原因があるのではないでしょうか?

 

一方的に「自由」「民主主義」を押し付け、

 

イラク戦争の犠牲者

 

罪のない一般市民を巻き添えにし、
「石油利権」を手にするためにイスラム世界を侵略したのは、

 

アメリカ

 

ではないでしょうか?

 

だとすれば、

 

だとすればですよ?

 

イスラム国側からこの戦いを見れば、
欧米に奪われた権利を取り返すための

 

【聖戦】なのでは・・・?

 

いや、これは単なる私の妄想・推測です。

 

マスコミが言ってる通り、
イスラム国は残虐で私利私欲にまみれた
過激なテロリスト集団なのかもしれません。

 

しかし物事は一方通行で考えたらイカンと思うのです。
彼らの身になって考えてみると、
こういう考え方も出来るのでは?
と考えてしまうのです。

 

だから世界中から志願兵が集まるのでは?
だから命を捨ててまでテロを行うのでは?
と思うのです。

 

不当に行われた過去の戦争で
親兄弟や子供や恋人を殺された方もいるでしょう。
劣化ウラン弾の後遺症に苦しむ人達もいるでしょう。

 

閲覧注意。覚悟を持ってご覧下さい。

 

全く報道されませんが、
現在も欧米の空爆で多くの民間人が亡くなってると思われます。
(誤爆や巻き添えは避けられない)
(空爆の映像とか何故か・・・報道されませんよね)

 

欧米が行ってることは残虐非道ではないのでしょうか?

 

彼らの恨みはどこへ行けばいいのでしょう?

 

戦闘機やミサイルなど戦争兵器を持たない彼らは
どうやって欧米と戦うのでしょう?

 

それとも、
奪われ、侮辱され、殺され続けるのを
許容するのが彼らの運命なのでしょうか?

 

参考→イスラム国(ISIS/ISIL)について、中東の人たちはどのように受け止めているのでしょうか?
※イスラム教徒の大多数は穏健派です。

 

 

ちょっと角度は違いますが、

 

同じ図式が中国のウイグル地区

 

ウイグル族の虐殺

 

ウイグル族の虐殺2

 

ウイグル族の逆襲1

 

宗教を奪われ、
文字を奪われ、
言葉を奪われ、
仕事を奪われ、
誇りを奪われ、
若い女性は連行され、
同族の結婚も認められず、
不当に逮捕された者は決して帰って来ない・・・

 

これまで虐殺されたウイグル族は
数十万とも百万人とも言われています。

ウイグル族大虐殺

(核実験の被害者を含めるともっと?)

 

民族ごと消し去ろうとしている中国共産党に対し、
ウイグル族は激しい憎悪を向けているのです。

 

しかし戦う手段がない彼らは、
斧や刃物を持って(銃すら持ってない)警察を襲うのです。

 

「ウチの息子を返せ!」

 

と言ってね。

 

これを中国政府は「テロ」と称して、
全世界にプロパガンダします。

 

「中国は決してテロに屈しない」

 

とか言うわけです。

 

「テロに屈しない・・・」

 

あれ、これってイスラム国と同じ図式じゃないですか?

 

・・・

 

※現在、不法に中国を出国し、
イスラム国に加担するウイグル族が増えているのだそうな。
中国人200人、イスラム国参加…ウイグル族か

 

ウイグル族の逆襲2

 

もし仮に、

 

自分が我が子を殺されたウイグル族なら・・・
と考えてしまいますよ。

 

私達は平和な日本に暮らしてるからイメージが湧きませんが、
抑圧され、弾圧され、日々怯えて暮らすウイグル族からすれば、
イスラム国のように武器を持って戦いたい!と思っても不思議ないです。

 

民族自決、民族独立のための戦いは、

果たしてテロなのでしょうか?

 

平和的解決が出来ればそれが一番ですが、
それは理想でしかないのです・・・。

 

・・・

 

もちろん、イスラム国であれ、ウイグルであれ、
民間人を狙った無差別テロは言語道断ですよ。
(今回の日本人人質も言語道断です)

 

少女を使った爆弾テロや
民間企業を狙ったフランスのテロなど

 

許されるものではありません。

 

しかし、逆の立場に立って考えることも大事で、

 

何故イスラム国が生まれたのか?
何故イスラムの人達は怒っているのか?
何故過激派と言われる人達がいるのか?
何故テロを行うのか?
空爆はOKでテロはNGなのか?

 

を考えてみると、

 

今のマスコミの報道は、

 

欧米や国際金融資本の都合のいいように

 

されているんだな・・・

 

と想像つきますよ。

 

(日本は欧米ピラミッドの一員なので自然とそうなる)
(違うピラミッドでは違う報道が為される)

 

まあ・・・だからと言って、
今の日本は欧米や国際金融資本に逆らうことは出来ないし、
(安全保障を米国に依存してるので)

 

戦略上強い方につくのが定石であり、

 

弱ってきたとはいえ、アメリカは強大です。

 

日本の立つ位置としてはしょうがないかと思います。

 

人道支援に2億ドル

 

・・・

 

何が言いたいかと言うと、

 

イスラム国が悪!とかアメリカが悪!とか
そういう善悪論は置いておいて、
(どちらにも正義があり、どちらもその正義に則って行動している)

 

マスコミの言うことを鵜呑みにせず、

自分で考える癖をつけましょう!

 

ということです。

 

幸い、現在はネットで調べれば有象無象の情報が溢れています。
正しい情報もあれば正しくない情報もありますが、

 

考える材料には事欠きません。

 

何も考えずにマスコミの言うことをインプットしてると、

 

知らぬ間に洗脳されちゃいますからね。

 

気をつけるようにしましょう。

 

 

 

【追伸】人質の救済について。

 

人質の救済については色んな意見があると思います。
人それぞれ意見があっていいと思います。

 

以下は私の個人的意見です。あしからず。

 

「生活の党と山本太郎と愉快な仲間たち」の山本太郎は、

こんなツイートをしてます。

山本太郎氏の首相宛ツイート

 

ワイドショー等を見てても、

 

「人命を何より優先に・・・」

 

なんてコメントで締める人が多いです。

 

私はこの件について

 

「アホか!」

 

と思うのです。

 

批判覚悟で言いますが、

 

「人の命が何より重い」なんて間違っとる!

 

と思います。

 

個と公をごっちゃにしてはいけないのです。

 

個人の命より国の方が重いに決まってます。
国があるからこそ私達は生きていけるのです。
(違う!とおっしゃる方は日本から出て行って・・・どうぞ)

 

個人の命より公金の方が重いに決まってます。
私達が懸命に働いて収めた税金ですよ。

 

個人の身代金に使うなんてとんでもないです。
国の為に働いてる時に捕まった!というなら話は別ですけどね。

 

そして、払ったが最後、

 

「日本は身代金を簡単に払う」

 

とレッテルを貼られ、
世界中の日本人の安全が脅かされます。

 

日本人を見た途端、

 

目がお金

 

となる悪い外国人が増えることでしょう。

 

そして払われたお金は彼らの弾薬に変わるだけ。
もっと多くの人の命が犠牲になることでしょう。

 

また、人の命には価格がありますよ。

 

一般的な日本人なら大概「一命一億円」くらいです。
交通事故で死亡させた場合、
それくらい賠償責任が発生しますよね。
(もちろん個人差はあります)

 

今回の身代金が一人一億円なら考えてもいいでしょう。
(と言っても国が払うのは論外。寄付で集めるか家族が出すか・・・)
しかし二人で2億ドル(約236億円)ですからね。

 

価格の面で考えても命よりお金の方が重いです。

 

「何言ってんだ!人の命の方が重いに決まってるだろ!」

 

という方は、
一度「寄生獣」をご覧になるか(笑)、

 

寄生獣
そのお金を自分が払えるか?
自分の命にそれだけの価値があるか?
を考えないといけませんよ。

 

2億ドルあれば数万人規模の難民を救えるのです。
(もちろん国際社会の中でアピールする狙いもある)

 

二人の日本人と数万人の難民。

 

命の重さが一緒なら、
ドッチを取るか考えるまでもありません。

 

二人の日本人を救うべきと言ってる人は、

 

「日本人の命は特別である」

 

と言ってるに他なりません。

 

戦争ともなれば多くの民間人が巻き込まれますし、
現在の空爆でも大勢の人が亡くなっていることでしょう。
イスラム国によって無慈悲に殺された方も数多いでしょう。

 

公開された人質の価格が2億ドルで、
人知れず殺害された方はゼロなのでしょうか?

 

今回人質となって日本人二人のことを
私は良く知りません。

 

しかし、危険と知っていて、
自らの意思で行ったからには自己責任だと思うのです。
(後藤さん本人もそのように言ってますよね)
(後藤さんは高額な誘拐保険に入るなどリスクをヘッジして入国してます)

 

仮に我が子がイスラム国に捕まったとしても、

 

「皆さん、お願いします。助けて下さい」

 

なんて口が裂けても言いません。

 

「息子がご迷惑をお掛けし申し訳ありません」
「一切構わず人道支援を続けて下さい」

 

と言いますよ。

 

これが「自衛隊の隊員」とか「政府関係筋の方」とか
国の命令で行ったのなら話はまた別ですけどね。

 

とはいえ・・・

 

感情論で言えば、
人質とされたお二人の生還を心から願っています。
(後日注、すでに殺害されてしまったという話ですが・・・)

 

憎しみの螺旋が早く終わりますように。

 

    一緒に読みたい関連記事

    コメントはご自由にどうぞ!

    ご意見、共感、反論、厳しいツッコミ・・・なんでも構いません。出来る限り返信も致します(都合により返信出来ない場合もあります。誹謗中傷の類はご遠慮下さいませ)。また、初回のコメントは管理人の承認が必要となりますので(スパム対策です)、反映されるまで少々時間が掛かります!ご注意下さいませ~。

    15件のコメント

    • K

      とても納得させられる内容でした。

      一つ質問があるのですが何故今回日本人が人質の標的にされたのでしょうか?

      どうかこの知識不足な学生にご教示お願い致します。

      • Kさんコメント有難うございます。管理人の浅次郎です。

        私は専門家ではありませんので、今回何故日本人が狙われたか・・・明確な理由は分かりません。
        ただ、いきなり殺害せずに誘拐監禁したからには、交渉の「カード」として見ていたのだろうと思います。
        一番の目当ては「身代金」だったのでしょう。
        後藤さんの家族宛に20億円の身代金を要求したとか

        イスラム国は身代金を「ビジネス」と割りきっています。
        別に日本人じゃなくても良かったのではないか・・・と思います。

        そこに外国人がいたから拉致した。
        家族宛の交渉が決裂し、日本が人道支援を発表したから、
        国際的アピールのタメに人質公開に踏み切った・・・
        という流れじゃないでしょうか。
        日本人だから拉致されたというわけではないと・・・私は思います。

    • なつ

      はじめまして。
      中国の食の安全を調べていてここにたどり着き、色々読ませていただきました。
      全く同感で、うんうんと思いながら読み進ませていただきました。
      311以降、平和ボケしていた自分を反省し、ネットで情報を集める日々。
      それもこれも、守るべきかわいい子供たちのためですが・・・
      原発事故も政府、原子力村の利権のため、私たち国民が危険にさらされていたこと、
      又今回のことも、首相がなぜ寄付金などをしたのかと懸念していてこの結果で・・・
      安倍政権は本当に心配が一杯です。憲法9条についても反対でした。
      今後、子供たちの未来が明るくなることを願って止みません。
      子供を守るのは、もう自分たちしかないと思い、小さな力でも何かできればと日々思います。
      そのためには、知らなった!では子供たちに申し訳ないと思い情報集めては自分なりに
      考え、日々に生かしています。
      子供がいなければ、正直ここまで考えなかったかもしれません。
      今回の人質事件でも全く同感で、私が親なら助けてくださいとは絶対いいません。
      自己責任だと思います。日本でふつうに生活していて拉致された場合とは違うと思うんですよね。
      子供を守るのは親の役目です。又、人に迷惑かけないように教え育てるのも親だと思ってます。
      長々と失礼いたしましたm(__)m
      今後も又ブログ読ませて頂きますね。

      • なつさんコメント有難うございます。
        私も子供が生まれてから色々と考えるようになった口です。
        私の書いてることが正しいとは限りませんが、
        何かを考えるキッカケになれば嬉しいです!
        また何か意見がありましたらコメント下さいね~!では!

    • Jarhead

      国より個の命のほうが重要ですよ、個の命を保障出来ないのなら国家というシステムは必要性がありません。あなたの言に添う形ですが私は既に日本を出ているのでそう考える人間は個人にも公の意識が強い日本では生き辛いという事なのかもしれませんね。昔から滅私奉公なんて言葉あるぐらい日本人は個より公を優先する傾向がありますし、個人的には国の公人がそういうならまだしも個人レベルまでこの感覚が行き届いているのはむしろ不気味です。
      また身代金を払わないというスタンスはアメリカとイギリスであり、割とフランスやドイツなどは払っています。日本が支払わないというのも単にアメリカのテロ対策に追従しているだけのようにも思えます。

      反対意見も書きましたが私もあなたの言葉には概ね同意します。特にISISが悪でありアメリカが正義などという事は絶対無く、石油利権のためならば市民にいくら犠牲が出ようと中東の情勢が無茶苦茶になろうと、むしろそれにつけ込んで来たアメリカが「テロに屈しない」など何を言うかという気持ちもあります。そんなアメリカのツケとも言うべきISISを追い払うのに今度はクルド人とイラク正規軍に武器を渡し、また現地人の血が流れる事でしょう。ISISをイラクから追い払ったらクルド人はその代償に自国領を要求するかもしれません。何にせよ中東の混乱はこれからも続くだろうし何が良くて何が悪いのかもわからないほど中東の情勢を覗くのは世界の歪みを見ているようで痛みを感じます。

      • Jarheadさんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        「国より個の命が重要ですよ」というJarheadさんの考え方も分かります。私も以前はそう思ってましたし、「中国軍が上陸して来たらどうする?」という問いには「海外に逃げる!」と答えていました(笑)。でも、今は個より国の方が大事だと考えています。国があってこその個だと思うからです。もちろん国は個の命を守らなければなりませんが、個も国を守る為にいざとなったら戦う!という気概が必要なのではないか?と思うからです(実際そうなったら家族を優先するかもしれませんが笑)。

        自らの命を国に捧げるなんてバカげてる、大事なのは自分と家族の命だ、という考えも分かります。でも国を創って来た先人達、私達子孫の為に散っていった兵隊さん達のことを思うと、やはり自分の子孫にも・・・この「日本」を残してやらなければ!と思うのです。私達が裕福に暮らしているのは、まさに「日本という国のおかげ」だと思うのです。これは私の考え方であり、考え方は色々あっていいと思います。何か疑問を感じた時に、考える材料になればそれでいいと思うのです。

        それから、私のような意見はむしろ少数派だと思いますよ。国の為に・・・なんて言ってる人にはほとんど出会いませんもの(笑)。国より個人の方が大事だ、戦争は悪だ、日本は昔悪いことをした、だから反省せねばならない、というのは多くの日本人に共通している概念だと思います。まあ、これもアメリカ主導の戦後教育の賜物なのでしょうけれども。

        こういった反対意見は大歓迎であります。ご意見有難うございましたっ!

    • ボリュームの割に内容が薄いなと思いました。マスコミの情報を鵜呑みにするなという点は同意しますが、ご自身もネットを駆使して真実にたどり着いてほしいと思います。イスラム国は何のための組織なのか、それを利用してアメリカ始め西側諸国が何をしたいのか、玉石混合ではありますがネット上には真実に限りなく近い情報も存在しています。反面、彼らの一部が片側だけの情報を流している場合もあります。それらを精査していけば自ずとこの世界の構造にも気づけるはずです。すべての戦争が悪と悪の戦いです。第二次世界大戦しかり、アメリカ側連合軍も悪なら、日本も「アジアの解放」を装った悪でした。もし日本が善なら、同盟国のナチスも善になってしまいます。それを受け入れられないなら、当時日本国の君主であった天皇の歴史をよく調べてみてください。残念ながら象徴天皇になった今もその野望は捨てられないようで、安倍政権を通じ日本を戦前のような体制に戻そうとしております。むしろ、世界から善人のごとく見なされているので活動もしやすくなっているでしょう。まあ話せば長くなりますので、あとはインターネットを駆使しご自分の眼でお確かめください。

      • コメント有難うございますっ!管理人の浅次郎です。
        色んな考え方があっていいと思います~。でも私は全ての戦争が悪と悪の戦いとは考えていません。第二次大戦のアメリカも日本も悪だとは思ってません。ナチスも悪だとは思ってません。もちろん戦時中に行った非人道的なことは責められてしかるべきですが(これは罪です)、果たしてナチスドイツは悪の帝国だったのでしょうか?そのドイツと同盟を組んだら悪になるのでしょうか?私は戦争に善悪はなく、単なる外交の最終手段だと考えています。戦争が悪なのではなく、最終手段である侵略戦争を行ってでも「相手から何かを奪いたい」という思考が悪なのだと思います。また世の中には必要な戦争もあると思っています。独立のための戦争や侵略から身を守るための戦争です。ところで、天皇の野望って何なのでしょう?今もその野望を捨ててないというソースはあるのでしょうか?調べてみましたが全然分かりませんでした。無知で申し訳ありません。あと、戦前のような体制ってどんな体制ですか?私は戦前の日本も悪だと思っていません。もちろん戦略的な誤りは多々あったと思いますがそれは後からだから言えることでありまして、当時の世界情勢の中、日本は精一杯のことをやって戦争に負けた、それだけのことだと思っています。今の価値観では当時の日本を評価できないのでは?と思っています。私の個人的意見です。あしからず~。

    • 宣夫 森光

      貴殿の考えは、全く正当だと解釈します。
      私も以前からそう考えてました。
      中々こういう事をネットに公開する人が少なくて困っています。
      立場上、私もこのようなブログが作れないのが残念です。
      (そんな保身で良いのか?)たぶん私自身が悪なのでしょう。
      分かりやすい構成でとても良いと思います。
      文章の感覚も素敵です。
      第一次世界対戦ぐらいから話をして頂くと、もっと分かりやすいかもしれませんね。
      (文が長すぎて読みにくくなるかもしれないので、余計なお世話かもしれません)
      これからの日本を考える上でも参考になるでしょう。(当然世界も)
      次昨も楽しみにしています。大きな輪になることを望みます。

      • 森光さん

        コメント有難うございます!管理人の浅次郎です。
        私もまだまだ勉強不足でありますが、
        わかりやすく、かつ興味を持って貰えるように、
        そして何かを考えるきっかけになればと思いながら書きました。

        私の考えが正しいとは限りませんが、
        同調して頂けると嬉しいです。
        これからの日本がいい方向に行きますように。

    • 宣夫 森光

      わざわざ私ごときのコメントに返信ありがとうございます。
      多くの方が「ネットで調べなさい」と言っているのを良く拝見しますが、ネットが正しいと言う考え方事態が危うく思えます。ネットが信用に値するか?当然操作されてます。貴殿の文章から何者かに操作されていないと思われたので、偉そうにコメントしました。(失礼しました)
      平等・平和・権利・義務さては格差など尊く謳えば、逆に反応するのが人間の心理です。
      問題提起が大切と考えます。
      その上で大変興味深いブログだと感じます。(少し煽っている部分も含めて)
      節度があると感じました。
      貴殿の考えを思いっきり解放できる場所ができると良いですね。(難しいかもしれません)
      ドンドン発信してください。今はともかく、後に繋がる可能性があると信じています。

    • とも

      ブログ見させていただきました。
      読みやすくてわかりやすかったです。
      自分も同じように思います 
      どの国でも人には愛する人がいて生まれた時から悪人なんていないと思います。
      ものには原因があって原因があるから何もかもがうごいている。
      宗教的な考えの違いがあるにせよイスラム国の人達があれだけ怒るのにも絶対原因があるんですよね 
      普通に先進国で育って教育を受けた大人ならこう考えますよね。
      今の浅次郎さんのお話を踏まえて、もちろん個人差はあると思いますがアメリカ国民は本当に自国が正しい事をしてると思ってるんでしょうか? 
      負の連鎖を止める為に自分達個人でも何か出来る事が有ると思われますか?
      ご意見あればききたいです。

      • ともさんコメントありがとうございます!管理人の浅次郎です。

        >アメリカ国民がどのように思っているのか・・・?
        これは私には分かりません。
        アメリカは多民族の移民国家でありますから・・・
        過去の戦争を批判している方も沢山いますし、
        ナショナリズム重視でアメリカが繁栄すればいいと考えている人もいると思います。
        (国の情報操作が上手いのでしょう)

        いずれにせよ、アメリカは世界の覇権国家でありますから、
        多少の理不尽は許されるという傲慢さを持っているような気がします。
        (実際に許されますよね)

        >負の連鎖を止める為に自分達個人でも何か出来る事が有ると思われますか?
        はい。自分で考え、判断し、正しいと思ったことを発信していくことが大事だと思います。
        特にマスコミの言ってることを鵜呑みにすると大変危険です。
        もちろん「イスラム国との戦い」をどうこうするなんてことは出来ませんが、
        一人ひとりの意識が変わっていけば、少しずつ何かが変わっていくかもしれません。

    • k.n

      なかなか興味深い文章で、
      考えながら読ませていただきました。
      911の頃から特にイスラム関係に関しては多角的に見なければいけないのでは、
      そう思っています。
      昔から良く言われるように、
      中東が欧米の介入を受けるのは足元に石油が埋まってるから、その辺の事情は特に近年ネットの発達とともに万民に知られるようになってきたように思います。
      ISのやりかたは、そうするしかないという事情を汲み取りつつも、やはり許せるものではありませんよね。
      だけど、自分がその立場なら、悩み、葛藤しつつも武器を取るのではないかと思うのです。
      ウィグル、ルワンダの例を出されてましたが、
      例えどんなに悲惨な状況であっても、世界の警察は救ってはくれない。
      ルワンダの場合はまさに国連が見捨てた状況です。
      それは中東で長年搾取され続けた彼等も同じ状況なのですね。
      貧していく自国を救ってくれるどころか、救おうとした独裁者は欧米によって処刑され、もはや自力での復興は見込めない。
      正面から戦っても勝ちは見込めず、
      結果テロリズム、ネットを使ったプロパガンダという手段に出る。
      ベトナム戦争から何も学べていないかのような国際状況ですよね。
      多角的に考える、もうひとつの側面から考えて、答えが出なくても答えを見つけようとする、その姿勢が必要なのではと思いました。

      私個人の考えですが、
      人質二名の身代金にたいしての考え方は、浅次郎さんの考えに半ば同意です。
      もし支払っていれば日本はカモとして見られ、国際社会から平和ボケと笑われていたことでしょう。
      だけど、思うのです。
      テロの要求を飲み、身代金を払ってしまう平和ボケした日本であってほしかったと。

      平和ボケ、
      確かにそうなのでしょう。
      でも平和が誰しもが求める普通であって、
      常の状態が臨戦というほうが異常なのであると、そう思うのです。

      長文すいません。
      また、勉強不足なもので、頓珍漢なコメントであればそれもすいません。

      • k.nさんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        色んな意見があっていいし、色んな考え方があっていいと思います。
        近年のネット環境では、匿名なのをいいコトに、
        相手を全否定したり、過剰な攻撃を掛ける人が少なくありませんけどね。
        自分と違う意見であったとしても
        「そういう考え方もあるのか!」と考えたり議論したりすることが大事だと思います。
        なので、私はどんな意見でも頓珍漢などと思いませんよ!

        >だけど、自分がその立場なら、悩み、葛藤しつつも武器を取るのではないかと思うのです。
        私もそう思います。私もきっと武器を取ります。
        無差別テロは決して許されるものではありませんが、
        そうせざるをえない状況に追い込まれている人達もいるのだと思います。

        >テロの要求を飲み、身代金を払ってしまう平和ボケした日本であってほしかったと。
        考えさせられます・・・そういう希望もあるなあ・・・。
        でも、今の日本を取り巻く現状を踏まえると、
        やはり「平和ボケした日本」は恐ろしいと・・・と私は思います。
        戦争は絶対ダメ、だから集団的自衛権もダメ・・・という論理は、
        野党やマスコミの根強いプロパガンダもあって洗脳されている部分もありますが、
        やっぱり「平和ボケした日本人」の象徴だと思っています。

        戦争は「自衛戦争」と「侵略戦争」を分けて考える必要がありますし、
        「自分の国は自分達で守る」なんてのは、日本以外の世界中の人達が持っている認識です。

        平和はタダではなく、軍隊や警察、他国との同盟といった抑止力があって得られるもの。
        平和ボケした日本人はそのことを忘れている(知らない)ような気がします・・・。

    コメントを残す