清原と覚醒剤と我が子供の教育と親の言葉。

球界の番長清原が、覚醒剤(シャブ)所持及び使用の容疑で逮捕されました。私はこの件をとやかく言う立場にはありませんが、覚醒剤は芸能人やタレントだけじゃなく、サラリーマンや主婦、高校生、大学生の間にも蔓延しています。私達に出来ることは、子供や大切な人に「言葉」にして伝えることではないでしょうか?

 

こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。

 

驚いた!というより・・・やっぱりか!

 

と思ってしまった清原の逮捕劇。

 

清原逮捕2
清原覚せい剤容疑で逮捕

 

黒い噂は結構前からありましたし(7~8年前?いやもっと前から?)、
前回週刊誌で報じられた時(2014年)はもうアウトだと思ってましたが・・・

 

実際はどうだったのでしょうか?

 

実績・人気からすれば、
当然コーチ・監督の声が掛かっておかしくない清原ですが、
なぜ声が掛からなかったのでしょう?

 

おそらく、黒い噂は球団関係者には周知の事実だったのでしょう。

 

しかし、人間ってつくづく弱い生き物ですね。

 

スーパースター清原は、この問題が無ければ引退後も栄光の道が続いていたはずです。巨人の監督だって夢ではなかったでしょうし、タレントとしても引く手あまただったでしょう。しかし覚醒剤の魔力には敵わなかった・・・。何度も何度も自問自答したでしょうに・・・。

 

私は覚醒剤や薬物の専門家ではありませんし、
実際にやったこともありませんが(笑)、

 

一度ハマると抜けれない!

 

のは、想像に難くありません。

 

覚醒剤中毒1

 

覚醒剤中毒2

 

覚醒剤中毒3

 

覚醒剤中毒4

 

覚醒剤中毒5

 

田代まさしビフォーアフター

 

覚せい剤中毒者の顔がヤバイ!ビフォーアフター

薬物乱用、依存症、200人の証言

 

なんせ・・・捕まっても捕まらなくても、

 

「身の破滅」

 

となることを重々承知の上で皆やってるわけですから。

 

清原だけじゃないっすよ。

 

飛鳥だって、
のりピーだって、
小向美奈子だって、
田代まさしだって、
清水健太郎だって、
中村耕一(J-WALK)だって、
赤坂晃(元光GENJI)だって、
いしだ壱成だって、
加勢大周だって、
ドリカムのピアスの方だって、
マッキーだって
尾崎だって・・・

 

江夏だって覚醒剤で捕まっているのです。

 

(大麻や麻薬を入れるともっと沢山います)

 

少年の時に読んだ「ブラックエンジェルズ」という漫画に

 

ブラックエンジェルズ

 

よく覚醒剤の描写がありましたが、

 

シャブ中毒画像

 

子供心に「覚醒剤はダメだ!」という意識が植え付けられたので、
漫画好きだった兄に感謝ですよ。

 

しかし、私には「覚醒剤」について書くことも、
まして清原を非難する資格もありません。
(知識も経験もないので)

 

自分だって、

覚醒剤に溺れたら・・・

やめられる自信なんてないですよ。

 

あなたはどうです?

 

・・・

 

このブログで言いたいことは、

 

覚醒剤は、

芸能人やタレント達だけに蔓延しているわけではなく
非常に身近な存在だということです。

 

今は高校生や大学生普通のサラリーマン普通の主婦などの間でも広がっているといいます。

 

覚醒剤事犯者グラフ
厚生労働省の資料より

 

覚醒剤で捕まってるのは芸能人だけじゃありません。

毎年1万人を超えているのです。

 

私がここで言うまでもありませんが、
覚せい剤、麻薬の類は絶対やってはなりません。

 

ダメ、絶対

 

「私は大丈夫!」

 

と思ってる方が大多数だと思いますが、

 

人はそんなに強くないのです。

 

日々の生活に疲れてしまったり、
誰かに裏切られたり、
人恋しくなったり、
何かに押し潰されそうになったり、
人生に絶望したり、

 

絶望

 

・・・そういう時に、友達から勧められたら

・・・そういう時に、恋人から勧められたら

・・・そういう時に、悪魔が囁いたら

 

溺れてしまうかもしれないのです。

 

誰だってそうなのです。

 

それは、

あなた自身はもちろん、

 

あなたの大切な人や、
あなたの子供にも言えることです。

 

なので、

 

浅次郎からのお願いです。

 

この機会に是非、あなたの大切な人やあなたの子供に、

 

「絶対に、絶対に覚醒剤はダメ!」

 

と言葉にして伝えておいて下さい。

 

ダメ!絶対!

 

当たり前のことを何言ってんだ?と思われてもいいです。
子供がまだ小さくてもいいです。

 

いざという時に、
この一言が強力な「抑止力」になります。

 

あらかじめ

「絶対に麻薬や覚醒剤に手を出したらダメ!」

「洗脳」しておくことが大事なのです。

 

当たり前ですが、
麻薬や覚醒剤に手を出してからじゃ遅いのです(再犯率半端ないのです)。

 

「うちの子に限って・・・」

 

と言う親がいますが、
何も知らない子供は薬物に興味があって当然なのです。

 

というわけで、

 

この記事の結論。

 

今日!あなたの大切な人やあなたの子供に、

「絶対に、絶対に覚醒剤はダメ!」

と言葉にして伝えること!
これだけで、将来覚醒剤に手を出す確率がグンと減ります。

 

ちなみに、

私が大学生になって上京する時に、父親から言われた言葉。

 

「お前のことを信じる。しかし、他人に迷惑を掛けるな!麻薬や覚醒剤は絶対やるな!避妊はちゃんとしろ!守れんかったら俺がオマエを殺して、俺も死ぬ。いいな?」

 

もちろん脅し半分本気半分の言葉だったのでしょうが・・・

 

24年経った今も、私の心臓に刺さっています。

 

心臓に刃が刺さったまま

 

父親に感謝。

 

facebook、twitter、ブログ等なんでもいいのでシェアお願います!
反論、ご意見ありましたら下記コメント下さいね~

    一緒に読みたい関連記事

    コメントはご自由にどうぞ!

    ご意見、共感、反論、厳しいツッコミ・・・なんでも構いません。出来る限り返信も致します(都合により返信出来ない場合もあります。誹謗中傷の類はご遠慮下さいませ)。また、初回のコメントは管理人の承認が必要となりますので(スパム対策です)、反映されるまで少々時間が掛かります!ご注意下さいませ~。

    コメントを残す