日本大転換!安保法案の強行採決について。

2015年7月15日、安全保障関連法案が与党自民党と公明党により強行採決されました。野党もマスコミも大騒ぎしてますが・・・そもそも「強行採決」ってなんなのよ?多数決は民主主義の根幹です。しかも116時間の審議をして「強行」って・・・じゃあどうしたらええねん!

 

こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。

 

与党の賛成多数により安保法案が採決されました。
その異様な映像をご覧下さい。

 

 

あ、削除されてる・・・なんでやねんな。

 

衆議院での安保関連法案採決

 

参議院での安保関連法案採決

 

野党の皆さん・・・もう鬱陶しいわー!

 

安保法案、強行採決に抗議2

 

特に辻元!

 

安保法案、強行採決に抗議3

 

人でバリケード作ったり、

マイク奪ったり、

紙を奪ったり、

(これって暴力じゃないの?)

プラカード持って(マスコミにアピール)・・・。

だまし討ち・・・ってあんたらが委員会の開会を邪魔するからやん?

「うそつきコール」って、あんたら子供か!

 

 

初めに言っておきますが、

管理人浅次郎は、

集団的自衛権に関する今回の安保法案について

 

賛成

 

の立場です。

 

つか、世界中全ての国に権利として認められてる
集団的自衛権の話ですよ?
(当然ですが、日本国憲法よりも国際法・国連憲章の方が上位でしょう?)

 

また、日本を守る為、

日本国民の生命・財産を守るための法案です。

 

違憲だのなんだのって、
そんなこと言ったら自衛隊だって違憲でしょうに。

 

「コレ以上は、憲法改正をしてから」

 

って野党は言いますが、

 

憲法改正には国会議員の2/3の賛成が必要なんですよ?
(どうせあんたら反対するんだろ!)

 

さらには「国民投票で過半数の賛成」も必要なのです。

 

さらにはアメリカの同意も取らねばなりません。
(基本アメリカは改憲反対。だってアメリカが作った憲法だもん)

 

憲法がチョチョイと改正出来るならそれでも構いませんが、

 

現実的な話じゃないよね?
時間も掛かるよね?

 

中国(北朝鮮もね)の現実的な脅威が差し迫っている今、
どこにそんな余裕があるんかいな?

 

中国埋め立て

 

何故、中国が南沙諸島で埋め立てをしてるのでしょうか?
軍事基地を作るためですよ?
戦闘機を飛ばすためですよ?

 

そして、中国は「沖縄(尖閣)は中国の領土」と言っているのです。

 

まずは「中国との武力衝突」を考えて議論せにゃならんのです。

 

南シナ海で、
中国とヴェトナムあるいはフィリピンが戦争状態になったとして、
アメリカが出てきた時に日本はスルーするんですか?
自分たちには関係ないと?
南シナ海は日本のライフライン、重要なシーレーンですよ?
他の国に戦って貰って日本は何もしないのですか?
自国の権益だけ守れればいいとでも?

 

また、アメリカはアジア太平洋地域重視の
「リバランス(再均衡」」政策を掲げてますが、
長期的に見れば

アジアに対する関与は低下させて行く

と思われます。
なぜなら、皆さんもご存知の通り、
アメリカの力が衰えて来てるからです。

 

そんな中、

どうやって中国から「沖縄(尖閣)」を守るか?

というのは重要な重要な話です。
今だけではなく、将来に渡って重要な話です。

 

アメリカが、

 

「日本が集団的自衛権を認めないのならもうええわ!」
「沖縄の基地問題も面倒だわ!」
「もう日本からは撤退するので後はヨロシク!」

 

って言い出したらどうすんの?
日本だけで中国から守れるとでも思ってんの?
そうさせないための集団的自衛権でしょ?

 

というか根本的な話で、

 

なぜ、マスコミは、民主党は、

 

一方的な侵略行為を行っている中国共産党を放置し、その中国の脅威に対し防衛措置を取ろうとしている日本政府を責めるのでしょうか?

 

ちなみに、中国共産党が行っている、また行ってきた侵略行為は尖閣や南シナ海だけじゃないですよ?モンゴル、ウイグル、チベット、ブータン、インド、ベトナム、ブルネイ、マレーシア、フィリピン・・・明らかに中国自らが仕掛けて領土問題を発生させているのです(武力で制圧したウイグルチベットで何が行われているかご存知の方も多いと思います)。

 

戦争?

軍国主義?

 

そんなもんは、

 

習近平に言うべきでしょうが!
(なんで言わんのじゃ!)

 

 

また、

 

集団的自衛権と戦争を結び付ける左翼連中が大勢いますが、

 

集団的自衛権=戦争3

 

集団的自衛権=戦争

 

集団的自衛権=戦争2

 

もうアホ丸出し。

 

この動画、是非ご覧下さい!

 

 

そしてマスコミ自体が集団的自衛権について何も分かってないのです。

 

なんで集団的自衛権=戦争となるのか、
是非説明して頂きたいです。

 

これって世界中全ての国が擁する権利ですよ?
仮に、「集団的自衛権=戦争」であるなら、
世界中で毎日戦争だらけになってるはずじゃないですか?

 

しかし、そうじゃないですよね?

 

そりゃ紛争・内戦は今でも各地で起きてますが、
これは集団的自衛権とは関係ない話。
国vs国の武力衝突は滅多なことでは起こりません。

 

NATO(北大西洋条約機構)なんてのはその最たるものです。
NATO加盟国に戦争しかける国がありますか?
NATO加盟国は相互の集団的自衛権によって強固な同盟となっているのであり、
その戦争抑止力は計り知れません。

 

なぜ、第2次世界大戦後に、

大きな国際戦争が起きてないのか?

 

集団的自衛権による戦争抑止力

その大きな一因であることは間違いないでしょう?

 

集団的自衛権は「自衛権」なのです。
仲間が攻撃されたら、
仲間を守る為・・・引いて自分を守るため
速攻で反撃して良し!って権利なのです。

 

この集団的自衛権があるから・・・
そう簡単に他国を攻撃出来ないのです!

 

あんたら、仲間が殴られても黙って見とくの?
自分が殴られるまで待っとくわけ?

 

もちろん、アメリカの主導する戦争に巻き込まれる危険性はあります。
しかしそれは今回「後方支援」に限っているわけです。
(しかも厳しい要件があります。しかも国会の承認が必要です)

 

また、自衛隊のリスクが高まるのも事実ですが、
その分だけ日本が攻撃されるリスクは劇的に減るのです。
(自衛隊員の戦死リスクと一緒に、自分の家が焼かれ、娘がレイプされるリスクを考えよう)

 

確かに負の部分もあります。

 

しかし、

 

言うまでもないですが、

 

この安保法案を通して困るのは・・・

 

中国だぞ!

 

中国が何をしたいって

アメリカと日本を分断したいわけ。

あんたらみんな中国の手先かっての!

 

去年、安倍内閣が集団的自衛権を認める閣議決定をした時、
アメリカやオーストラリア、東南アジアの国々から大歓迎され、
特にアメリカとの関係が劇的に良くなったじゃないですか。

 

中国は尖閣に表立ってちょっかい出さなくなったじゃないですか。

 

※あまりニュースになりませんが、2015年4~6月、領空侵犯の恐れがある中国機に対して、航空自衛隊機は114回の緊急発進(スクランブル)を行っています。また、尖閣沖の接続水域(領海の外側22km)に入った中国公船は227隻、前年比で52隻も増えました(内、領海侵入は7隻増の26隻)。明らかに・・・狙っているのです。

※現在も、中国と韓国と北朝鮮を除く全てのアジアの国々が、今回の安保法案を歓迎しています。つまり、反対している野党の皆さんはそういう立場だということです。

 

こんなもんは本来、「日本の存立」だの「国民の生命」だのと
細かい条件なんぞ付ける必要もなし!

 

民主党と議論しても意味なし(民主党は廃案にしたいんだから)。
法案もさっさと通してしまえばいいんですよ。

 

まあ、

 

前置きはこのくらいにしましょう。

(前置きだったんかい!)

 

 

今回は「強行採決」の話です。

 

安保法案、強行採決に抗議2

 

マスコミはこぞって自民党の「強行採決」を攻撃してましたが、
そもそも「強行採決」って何なのでしょう?

 

そこまで言って委員会に出演していたアメリカ人のケビン・メーアさんが言いました。

 

ケビン・メア

 

「民主主義の日本で、なぜ通常の採決を強行採決というのです?」

 

おおう、ごもっとも(笑)。ネットの意見はこちら。

 

今回、衆議院で116時間、参議院でも100時間、
安保法案の議論に費やしたそうですが、
まだまだ議論が足りないのでしょうか?

 

少数意見(野党の意見)が取り入れられなかったから「強行」なのでしょうか?
(維新以外の野党は廃案目指してるわけで妥協点など全くない)

 

では、民主主義の根幹である「多数決」はどうなるのでしょう?
全ての人を納得させるのが民主主義なの?

 

もちろん、少数意見は大切です。
きちんと耳を傾けるべきですし、議論はするべきでしょう。

 

しかし、少数意見を尊重するばかりだと、
何も決められませんよね?
だから最終的には多数決で採決するんですよね?

 

もう一つ言えば、
集団的自衛権一部容認の閣議決定をしたのが2014年5月14日です。
そして、現在の衆議院議員は2014年の12月に選ばれた方達です。
それでも民意が反映されてないとでも?

 

また、国民が納得してないって言いますが、

 

それはマスコミの仕事だ!

 

くだらん番組ばっかやってないで、
安保法案のことを分かりやすく説明したまえ!

 

(賛成意見も反対意見もどっちも公平にな!)
(閣議決定されてから今までたっぷり時間はあったよな!)
(テレ朝やTBSは反対意見ばっかりすな!)
徴兵制復活!とかもうアホ丸出し。なんで集団的自衛権が徴兵制に繋がるんかいな)

 

言っておきますが、

 

この安保法案は、

日本の安全保障を大転換させる法案だぞ!

 

もっと、ちゃんと説明しろ!

 

辻元氏は「お願いだから止めて」と絶叫してました。

 

安保法案、強行採決に抗議4

 

民主党は、

 

「強行採決反対!」
「アベ政治を許さない」
「自民党感じ悪いよね」

 

などのプラカードを持って
浜田靖一委員長に詰め寄って「反対」を連呼してましたよ。
安保法案特別委採決 民主党、プラカード掲げ抵抗

 

ああ、情けない・・・

 

あんたら、対案すら出してないのに・・・。

 

自分たちの法案は出さずに

ただ反対するだけ。

 

お前らの方が感じ悪いわ!

 

集団的自衛権について問われ、

 

「だってイヤなんだもん!」

 

田嶋陽子だって嫌なんだもん

 

と言い放った田嶋陽子と同じじゃ!
(それでも元政治家か!)

 

政治家が、感情論で話すな!っつの。

 

・・・

 

ちなみに、維新の党は、
存在感を示す為か何なのかよく分かりませんが、
ちゃんと「対案」を提示しました(評価)。

 

と言っても、現行憲法の範囲内でとかチマチマと細かいことを言ってるだけ。
あれ?維新の党って「集団的自衛権賛成」の立場じゃなかったっけ?
是々非々でやってくんじゃなかったっけ?

 

結局、維新の対案に対する審議時間が少ない!と言って採決は退席。

 

なんだかな~。

 

国民の代表なんだから、反対なら反対の意思表示をして欲しいなー。
自分の気に入らない結果になるから採決には出席しないって・・・

 

色んな意見があるでしょうから、
「賛成」でも「反対」でもいいですよ。

 

しかし、反対票すら投じないってのは納得いかないです。

 

(あ、次世代の党は「賛成」したみたいやね)

 

 

さて、

 

採決に伴い、安部首相は

 

安保法案可決、安倍首相

 

「私達は日本の領土、領海、領空を守り抜いていく大きな責任がある」

 

と発言されてます。

 

ごもっともな話。これが根幹。安全保証なくして平和なし。
政治家が一番に考えるべき仕事です。

 

んで、コレに対し、民主党の岡田代表は、

 

安保法案可決、岡田代表

 

「憲法違反以外の何物でもない」
「反対の声は高まっている」

 

と言ってます。
(つか、この方、以前は集団的自衛権賛成の立場で発言されてます→岡田代表も集団的自衛権を認めていた・・・ってことは単に自民党を批判したいだけなのでは?党益ではなく、国益のことを一番に考えて欲しいなあ。)

 

この言い分に対する産経新聞の話が面白いです。
「健康のためなら死んでもよい」と同じ?摩訶不思議な集団的自衛権反対論

 

本当に摩訶不思議。

 

国の安全、国民の生命・財産よりも、憲法が大事?

 

アホかっつの。

 

日本国民の為に、日本国憲法があるんでしょ?

憲法を守る為に、国民がいるわけじゃねーわ!

 

そして憲法が私達を守ってるわけじゃないっすよ。
自衛隊と米軍が私達を守ってるのです。

 

もう民主党は解体して、分裂して欲しいわ。
(民主党の中にも保守派の人いますからね)

 

・・・

 

というわけで、

 

私個人は安保法案が通ったことでホッと安心してます。
なんせ、安倍首相はアメリカ議会の演説で「夏までに」って約束しちゃってますからね。
(安倍首相には焦りもあったでしょうね)

 

そしていい流れになったと思いますよ。

 

なんせ、アメリカがこの安保法案を大歓迎してるわけです。

 

私は親米ポチではありませんが、アメリカは強大な国です。世界の覇権国家であります。確かに超わがままなジャイアンではありますが、

 

ジャイアン名言

 

味方にしておいてこれほど頼りになる国はないです(中国とアメリカを同時に敵に回したら終わりです)。出来るだけ「日本は頼りになる」と思ってもらってた方がいいし、「日本は大事な同盟国だ」と思われたた方がいいに決まってます。

 

これはよく憶えて置いて欲しいのですが、

 

日本は「核」を持ってないのです。

そして中国や北朝鮮は「核」を持っているのです。

日本はアメリカの核の傘の中にいることを忘れてはいけません・・・

 

ただし、

今回の件で自民党が国民の反感を買ったのは確かでしょう。

(野党、マスコミの作戦が上手く行った)

 

維新の党を抱き込むとか、

中国の脅威をもっと利用するとか(笑)、

もう少し時間を掛ける・・・とかした方が良かったのかもしれません。

 

しかし、本当に日本のことを思う政治家であれば、

今回の安保法案・・・反対するでしょうか?

 

今、日本が民主党政権じゃなくて良かったと、

心の底から思いますよ。

 

大事なのは違憲・合憲の議論じゃなく、
日本をとりまく安全保障です。

 

戦争をしないために、
戦争に巻き込まれないために、
同盟国と相互協力体制を取る。

 

・・・反対する意味がサッパリ分かりません。

 

しかし、条件付きの集団的自衛権でもこれだもんなあ・・・

 

憲法改正はまだまだ先だ・・・。

 

 

最後に、

こちらをチラッとでいいのでご覧下さい。

 

日本を守っているアメリカ兵にも、

無事を祈ってる家族がいることをお忘れなく。

 

 

facebook、twitter、ブログ等なんでもいいです。
良かったら拡散願います!

    一緒に読みたい関連記事

    コメントはご自由にどうぞ!

    ご意見、共感、反論、厳しいツッコミ・・・なんでも構いません。出来る限り返信も致します(都合により返信出来ない場合もあります。誹謗中傷の類はご遠慮下さいませ)。また、初回のコメントは管理人の承認が必要となりますので(スパム対策です)、反映されるまで少々時間が掛かります!ご注意下さいませ~。

    12件のコメント

    • のほほん

      衆議院特別委員会での採決の場面、議長が「賛成の方は起立願います」って言っている中で、野党陣営もプラカード持って席を立っているので、賛成の意志と取られても問題ないんじゃないの?と思った国会バラエティ番組

      • のほほんさんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        それ、私も思いました(笑)。
        まあ、どっちにしろ採決されるんで、
        アピールの方を優先させたんでしょうけどね。

        しかし、賛成であれ反対であれ、
        きちんと意思表示して欲しいものです。

    • asajiroさんいつもメールを読ませていただいています。
      今回の安全保障関連法案の強行採決が賛成との意見、どう思うが勝手ですが、あなたのそういった、名前の通り浅はかですね。私は関係ありませんが、生まれた子供にとって、残酷な方だなと思いました。私の事でないのでどうでもいいですが、その程度の知識で、子供を育てていくようですね。頑張ってください。この法案の後ろに何が隠されているのかご存じないようです。馬鹿ですね。でもこの法案は違う方向に動き、後の祭りになるでしょう。

      • suzukiさんコメント有難うございます!

        これは私の意見です。色んな意見があっていいと思っています。
        良かったら「この法案の後ろに何が隠されているのか」を教えて下さいませ~!

    • 朝汰郎

      あなたは何か大きな勘違いをしている。アメリカは日本を守るための戦力は置いていないと文書で明言しています。状況を考えればアメリカが事を構えれば、今度の法案で最初に攻撃を受けるのは兵站を行うことになる日本です。これは軍事の常識です。

      • 朝汰郎さんコメント有難うございます!

        すみません。私は軍事の専門家ではありませんので詳しいことは分かりません!
        ので、教えてください。

        >アメリカは日本を守るための戦力は置いていないと文書で明言しています
        これは何に明言されてるのですか?
        日米安保条約の第5条には「両国の日本における、(日米)いずれか一方に対する攻撃が自国の平和及び安全を危うくするものであるという位置づけを確認し、憲法や手続きに従い共通の危険に対処するように行動することを宣言している。」とありますが?wikiには「また日米安全保障条約は、日本側が正常な軍事力を持つまで……として締結された経緯もあり、アメリカ側には日本を防衛する事を必要とされるが、日本側は必ずしもアメリカを防衛することは必要では無い状態になっている。これは日本側の憲法解釈(政府見解)上の制約で、個別的自衛権の行使は日米両国共に可能だが、集団的自衛権の場合は日本は憲法に抵触する恐れがあるという政策を採っている。」と書いてありますよ?私もそういう認識でしたが、間違ってますか?

        >状況を考えればアメリカが事を構えれば、今度の法案で最初に攻撃を受けるのは兵站を行うことになる日本です
        よくわからないのですが、どんな状況ですか?兵站ってことは後方支援の話ですか?
        なぜ兵站を担う日本が攻撃を受けるのですか?
        今まで後方支援をしてて攻撃されたことあるのでしょうか?

        アメリカの軍艦と日本の軍艦が居た場合はどうでしょう?
        やっぱり日本の軍艦から攻撃しますか?

        良かったら教えて下さいませ~

    • 浅次郎さんのお考えに激しく同意です。

      私は医療機関従事者ですが
      個別的自衛権、集団的自衛権は私達の体の事を考えると簡単にわかります。

      私達の体には免疫という軍隊がいて常時外敵(細菌、ウイルス等)から病気にならないよう身体を見張り守っています。これが個別的自衛権です。

      この免疫が突破され病気にかかると私達は誰でも病院に行き医師と協力して何とかその病気を治そうとします。
      これは医師から患者さんへの一方通行の話ですが相互関係となったものが集団的自衛権です。

      反対される民主党の方達は免疫が突破され病気になっても病院には行かないのでしょうか?

      現代の戦争は昔の戦争と違い、人同士の戦いはほぼなく 無人戦闘機や爆撃機が飛ぶ時代になる事でしょう。各国も無人機開発に力を入れています。だから法制に反対される方が言うように徴兵しても無意味です。

      各国が協力し抑止力を発揮することが大事なことだと考えます。

      • 正さんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        >個別的自衛権、集団的自衛権は私達の体の事を考えると簡単にわかります。
        うお、非常に分かりやすいですね~。
        自力で病気を治すのは大変ですが、
        病院に行けば簡単に治る病気がほとんどですもんね。

        病院があるからこそ安心して生活出来るんですよ。

        >各国が協力し抑止力を発揮することが大事なことだと考えます。
        仰るとおり。これが一番強力な抑止力だと思います。
        徴兵制とか言ってる人は・・・時代錯誤の戦争好きだと思います。

    • 暴力トナカイ

      凄く同感でき、かつ分かりやすい説明でした
      自分は来年から投票券が与えられる立場なので、政治や社会情勢について今まで以上に知らなければと思っています

      近年、災害や政治的な騒動が続き今の日本の在り方に疑問、不信感を抱いてはいましたが、国会で下らない事を当たり前のように行い、不満を言うだけの現実を見て、政治についての意識が変わりました

      何かが起こらなければ変われなかった自分が言うのもあれですが、起こってからでは遅いと強く実感しました
      アメリカの力が弱まっているからこそ、日本が動かなければならないと思います

      違憲云々依然に、国会を無駄に開いては無意味な議論を繰り返すのはどうかと
      開けば約三億の税金が使われるのですから
      その無駄を防衛のため、はたまた経済のために使えばいいのに

      最近は自衛官を未来の選択肢に入れた方がいいと考えております
      若者にも出来ることを探していきたいです

      • 暴力トナカイさんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        いや、素晴らしい!

        まだ若いのに・・・日本の未来も捨てたもんじゃないなぁ。
        (私がそのくらいの時はゲームと音楽と女性にしか興味ありませんでした)

        どういう結論でもいいのです。

        政治や社会情勢について自分で調べ、
        自分の頭で考えることが大事だと思います。

        安保法案を「戦争法案」とレッテル張りし、
        反対!反対!と連呼している人達にはリアル感が全くありません。

        「じゃあ、どうすんの?
        中国が台頭し、アメリカの力が落ちていく中、日本は今のままでいいの?」

        って話だと思うのですが、
        彼らはこのリアルに対しては何の反応も示しません。

        世界は激動しているのに、
        日本は変わらなくていいのでしょうか?

        >最近は自衛官を未来の選択肢に入れた方がいいと考えております
        この言葉を、国会前で喚いている輩に是非聞かせたいです!
        (マスコミは、こういう声は絶対拾わないもんなあ)

        戦争なんて誰だって嫌に決まってます。
        それでも国を守る責任は、我々国民にあるのだと思います。

        コメント本当に嬉しかったです!有難うございます!

    • 新里さん

      日本は、中国からの威嚇に対して 今まで 何も
      出来なかったじゃあ無いですか

      中国人漁船が、サンゴを採った時

      海保の巡視船に船を衝突された時などは
      事実を隠蔽しようとしたりもしました。

      この件について どう思いますか

      抑止力と言うならば、核を持てば良いだけです

      • 新里さんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        私個人の意見を述べますね~。

        >日本は、中国からの威嚇に対して 今まで 何も
        >出来なかったじゃあ無いですか
        もちろん中国の理不尽な威嚇や違法行為を見逃すことも多々ありましたし、
        今も近海には中国船が現れ、漁師の方達を威嚇していると聞きます。
        一刻も早くそういう状況は打開するべきだと思います。

        しかし、何も出来なかったかというとそんなことはないと思っています。
        自衛隊、米軍基地、日米同盟、海上保安庁、全て抑止力として働いていると思います。

        抑止力が働いてなければ、
        中国はとっくに尖閣に上陸しているのでは・・・と思うのです。

        事実、アメリカが
        「尖閣は日本の領土、安保の範囲内である」
        と発言したあと、
        中国は急に大人しくなりました。
        (中国はアメリカがどこまで干渉して来るのかを探っていた感があります)

        もちろん、領海侵犯は今でも続けてます。
        諦めたわけではないです。
        しかし、アメリカとの同盟は強固な抑止力になると思います。

        >抑止力と言うならば、核を持てば良いだけです
        おっしゃること良く分かります。しかし現実的ではありません。
        非核三原則がありますし、
        アメリカも認めないでしょうし(今後はどう言い出すか分かりませんが)、
        日本国民もこれにはかなりのアレルギーを発揮するでしょう。
        (集団的自衛権ですら、これだけ反対しちゃうのですから)

        というわけで、

        一番現実的かつ効果的な外交手段は「日米同盟」を強化すること。
        次に中韓以外のアジア諸国と連携を深めること、
        ロシアを敵に回さないこと、だと思っています。
        (中国は日本を孤立させるための戦略を一貫して行っています)

        理想は日本一国で国防を担うことですけどね~。

    コメントを残す