戦後70年、安倍談話の個人的評価を。

2015年8月14日、安倍首相より戦後70年談話「安倍談話」が発表されました。期待と不安を持って安倍談話を聞いたのですが、予想以上の素晴らしい談話だったと思います。特に未来志向なのが良かった!何度謝っても謝れ!という国、何度謝っても足りない!という国がある以上、子供たちに謝罪を負わせるわけにはいかんと思います。

 

こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。

 

戦後70年にあたる今年は、
各地で色んなイベントが行われてますし、
やっぱり火垂るの墓がテレビで放映されましたし、
マスコミは毎日のように「戦後70年」を取り上げています。

 

先の大戦の是非については置いておきまして、

 

今日は、
戦後70年の節目を迎えて発表された
「安倍談話」について書きたいと思います。

 

安倍談話1

 

まず、

 

評価する、評価しない、はどちらでもいいのですが、

 

この安倍談話は、

 

我が国の首相が、

 

全世界が注目する中で発表した談話です。

 

日本人ならば、

 

安倍談話の記者会見の模様を必ずご覧下さいませ。
(安倍談話は24分程度です)

 

安倍談話全文はこちら

 

最初に私の率直な感想を言っておきます。

 

素晴らしぃ!

 

グッジョブ!!

 

の一言。

 

非常に工夫された、
非常にバランスが取れた
非常に素晴らしい内容だったと思います。

 

特に、

 

「未来の子供たちに謝罪を残さない」

 

のくだりは本当に良かった。

 

未来永劫いつまでも日本に謝らせ続けたい人達は
「ちくしょー」ってなったでしょうけど(笑)

 

ちきしょー

 

また、

「侵略」「植民地支配」というキーワードが盛り込まれたましたが、「日本が侵略した」「日本が植民地にした」とは言ってませんし、

 

「反省」「お詫び」というキーワードも「我が国はお詫びの気持を表明してきた」「それを継承する」と述べ、直接的な言及を避けました。

 

そもそも日本は韓国とは戦ってませんし、東南アジアの国々とも戦っていません。戦ったのは東南アジアを支配していたイギリス、フランス、オランダ軍などです。戦場にはなりましたが、その後東南アジアの国々は独立を果たしています。逆に東南アジアの国々からは感謝されているのです。

 

中国は当時混乱の中、軍閥が跋扈していた時代であり(国体を為してなかった)、欧米に虫食い状態にされてたのであり、確かに日本もその中に入って行きましたが、日本だけが責められるものではありません。また、少なくとも日本と戦ったのは蒋介石の中国国民党(現台湾)であり、中国共産党は関係ありません。

 

つまり、仮に謝罪をするのなら「中国国民党」に対してのみ、なのではないでしょうか?韓国はもちろん、中国(共産党)に謝罪する理由は全くありません(南京大虐殺なども嘘八百です)。他の全ての東南アジアの国々は、日本に対する謝罪そのものを求めていません。

 

そもそも「侵略」「植民地支配」が「悪」というなら、欧米諸国はどうなのでしょう?今まで「反省」「お詫び」をしたことあるのでしょうか?ありませんよね?なぜ日本だけが70年経っても謝罪をし続けなければならないのでしょうか?

 

・・・というのが保守層の一般的意見であり、安倍首相の心の内だと思うのですが、よくもまあ保守層の支持を確保しつつキーワードを入れつつ、バランスを取った談話に仕上げたもんだと思います。

 

また、一言一句間違うことが許されない状況下で
(生中継の上、全世界が注目しているのです)

 

原稿に目をやることはほとんどなく、

 

ゆっくり分かりやすく、

 

それでいて強調するところは抑揚をつけながらの

 

堂々とした発表でした。

 

簡単にまとめると

 

・先の大戦の反省とお詫び

・犠牲者へのお詫び

・不戦の誓い

・歴代談話の継承

・戦後70年の感謝

・謝罪を子々孫々続けることを断つ

・謙虚な気持で歴史に向き合う

 

といった要旨。

 

当時の日本が置かれた状況を説明しつつ、過ちは反省し、犠牲者に対するお詫びをし、戦後の日本の歩みを許容した世界に感謝しつつ、未来を見据え、積極的平和主義を掲げました。

 

昨日の「報道ステーション」では、保坂正康なるおっさんが出てきて、

 

報道ステーション安倍談話保坂正康

 

「安倍首相の本音じゃない」
「失望した」

 

と言ってましたが、

 

これは閣議決定した「日本政府」の談話です。
安倍首相個人の本音とちょっと違うのは当たり前ですよ(笑)。
それでも安倍談話を非難する? 安倍首相戦後70年談話と村山談話(1995年)比較

 

また、談話の中身の話をネチネチとしてましたが、何が言いたいのかサッパリ分かりませんでした(日本が悪かったんだから心から謝罪しろ、と言いたいらしい)。

 

ちゃんとキーワードが入っててこれだからなー。

 

報道ステーション安倍談話1

 

どうやったって批判したいんだなー。朝日は。

 

しかし、うまくやったなぁ・・・。

 

中国、韓国からしてもツッコミどころが本当に少ない。

 

「安倍首相は本気で謝ってない」

 

と言うのが精一杯でしょうよ(笑)。

 

特に、

 

「事変、侵略、戦争、いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」

 

この文言は非常に良かったです。

 

今まさに、武力によって国際紛争・現状変更を試みてる中国にとって
強烈なカンターパンチになったのではないでしょうか?

 

あなたの評価はどうですか?

 

世間一般の評価はどうなんでしょう?

 

ヤフーで投票やってますね。

 

安倍談話評価する?

 

安倍首相の戦後70年談話、評価する?

 

私は当然「大いに評価する」にしました。
(あなたも是非評価してみてください!)

 

現時点での結果は・・・

 

安倍談話評価する?結果2015年8月15日

 

大いに評価するが59.9%(8月15日時点)。

 

おお。

 

マスコミの報道を見てると
「評価できない」が多くなるかと思ったのですが(笑)、

 

「大いに評価する」「ある程度評価する」を合わせると76%超。

全体の3/4になりますね。

 

これで、

戦後◯年談話なんてのは

最後にして欲しいと思います。

 

だいたい村山談話なんて出すからややこしいことになったんですよ(最近またテレビに引っ張られてますが、あの人は旧社会党の党首。つまり超中韓寄りですからねー。村山さんが批判しているってことは、いい談話だったってことだと思います笑)。

 

次は戦後100年談話でいいんじゃないの?

 

・・・

 

今回の安倍談話、

評価する、評価しない、どちらでもいいです。

 

大事なのは、

 

ちゃんと安倍談話を聞いて、
自分の頭で考えることだと思います。

 

意見、感想などありましたら下記コメント欄にどうぞ!

 

facebook、twitter、ブログ等なんでもいいです。
良かったら拡散願います!

    一緒に読みたい関連記事

    コメントはご自由にどうぞ!

    ご意見、共感、反論、厳しいツッコミ・・・なんでも構いません。出来る限り返信も致します(都合により返信出来ない場合もあります。誹謗中傷の類はご遠慮下さいませ)。また、初回のコメントは管理人の承認が必要となりますので(スパム対策です)、反映されるまで少々時間が掛かります!ご注意下さいませ~。

    コメントを残す