スポンサードリンク

%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9c2016cm%e7%94%bb%e5%83%8f3

2016年11月24日、毎年恒例の年末ジャンボ宝くじが発売開始されました。今年は初雪が降る中、宝くじ売り場の長蛇の列。これって当選確率はどのくらい?当たった人いるの?どのくらい買ったら当たる?夢を買うんだからいいんでしょ?いいえ。。。宝くじは何枚買っても当たりません。宝くじなんぞ買わずに、楽しいことに使おう!

 

こんにちは。ブログ管理人の浅次郎です。

 

今年もやって来ました!年末ジャンボ宝くじの季節!

 

%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9c2016cm%e7%94%bb%e5%83%8f3

宝くじ公式サイトより

 

なんと!1等の当選金は10億円!

 

所ジョージ、綾野剛、井川遥のCMがこちら。

 

 

うおっ!

 

宝くじ、買いに行かなきゃ!

 

・・・と思ったそこのあなた!

 

ちょっと待った!

 

%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9c2016%e8%a1%8c%e5%88%97

54年ぶりの雪を観測した東京でも宝くじ売り場に長蛇の列・・・

 

買いたい気持ちは重々分かりますが、

 

この記事を読んでからでも遅くないっす!

 

いいですか!

 

宝くじは・・・

 

どんだけ買っても、

 

当たらん!

 

%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%ab%e6%b1%ba%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%82%8b

 

うん。

 

確かに当たる確率はゼロではありません。

 

もしかしたら当たるかもしれない。

 

買わないと当たらない。

 

そう思っている方が大勢だと思いますが、

 

では論理的に、数字で見ていきましょう。

 

%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9c2016%e5%bd%93%e9%81%b8%e9%87%91%e3%83%bb%e6%9c%ac%e6%95%b0

 

1ユニットは2000万枚。

 

1等は1ユニットに付き1枚なので、確率は2000万分の1。

数字にすると「0.00000005」です。

 

この数字がどんだけ絶望的かの話はちょっと置きまして、

 

宝くじの仕組みを知るために、

まず払い戻しがどうなっているのか?

を見てみましょう!

 

一枚300円で2000万枚なので、

1ユニット当たりの売上は合計60億円。

 

1等・・・前後賞合わせて10億円。
1等の組違い賞・・・50万×199本=9950万円
2等・・・1500万円×20本=3億円
3等・・・100万円×200本=2億円
4等・・・1万円×20000本=2億円
5等・・・3000円×20万本=6億円
6等・・・300円×200万本=6億円

 

合計の払い戻しは29億9950万円

売上は60億円

 

つまり?

 

宝くじは、

庶民から夢の欠片・・・60億円を集め、

その半分の30億円を当選金に当ててるだけ!

 

経費や手数料を引いた残りを分配するってんならまだ分かります。

 

しかし半分って・・・

 

最悪のギャンブルと言われる理由がコレです。

(控除率最悪。しかも完全に運頼み)

 

そしてこれを見ると、

5等や6等の割合が意外と大きいことに気づくと思います。

(1等の10億円に対して、5等と6等はともに6億円)

 

この300円、3000円を換金しない人が世の中にどれだけいることか?

また、宝くじを買ったことを忘れてしまう人も少なくありません。

 

夢を売る!

 

と言うのであれば、この6億円も1等に上乗せして欲しいものですよ。

300円が何枚当たっても人生変わりませんからねー。

 

%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%9a%e3%81%8f%e3%81%ae%e3%81%af%e6%81%a5%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84

 

躓いた時に宝くじに頼るのではなく、

自分の力で立ち上がりたいものです。

 

確率の話に戻ります。

 

1等が当たる確率は1/2000万。

数字に直すと0.00000005。

 

これがどれだけ絶望的な数字であるか?

 

身近なもので置き換えると・・・

コインを投げて表が24回連続で出る確率・・・1/1677万。

サイコロを9個振って全部1が出る確率・・・1/1007万。

 

とこんな感じになります。

 

もちろん、確率はゼロではありません。

当たる人もいます。

 

しかし、

 

その確率は大海の一滴・・・と言えます。

 

%e7%b5%b6%e6%9c%9b%e7%9a%84%e7%a2%ba%e7%8e%87

この人達が全員宝くじを100枚ずつ買ったとして・・・この中で当たるのは一人・・・というような確率です。

 

「浅次郎さん、そんなことは分かってます!」

「でも、買わないと当たらないでしょ!」

「夢を買ってるのです!」

 

はい、その気持もよーく分かります。

 

なので・・・宝くじは3枚だけ買いましょう。

 

これで夢を見ることは出来ますよね!

 

実際、30枚買っても100枚買っても当たらんものは当たりません。

 

宝くじを買うはずだったお金で、

 

・彼女(奥様)に花でも買ってあげましょう!

・焼肉でも食べに行きましょう!

・子供と遊園地にでも行きましょう!

・欲しかった服を買いましょう!

・家族で旅行に行きましょう!

・友人とパーッと騒ぎましょう!

 

ソッチの方が嬉しいですし、楽しいです。

回りのみんなが幸せになります。

 

消費が増えれば

日本の景気も良くなりますよ!

 

 

宝くじを買って、

 

ひとときの夢に浸っても、

 

人生は変わりません。

 

夢は買うものではなく掴み取るもの。

 

人生を変えたいなら、自分を変えないとね!

 

自分を変えたい方は是非どーぞ。

浅次郎の勇気凛々メルマガ