【高校野球2018夏の甲子園予想オッズ】2018年8月5日、夏の甲子園が開幕!優勝候補はどの高校?注目選手は?優勝オッズは?各地方大会の得点、失点、打率、本塁打、長打数、盗塁、失策などのデータを分析。今年の優勝はどの高校?人気は大阪桐蔭、横浜!続いて龍谷大平安!木更津総合!星稜!広陵!大穴は創志学園と創成館!

 

今年もやってきました!

 

熱闘甲子園!

 



始球式は松井秀喜。

 

甲子園の日程、結果、速報などはコチラをチェック!

NHKの甲子園ページ

 



 

熱闘期待!

 

さて、

 

優勝するのはどの高校?

 

早速、各校の地方大会のデータとオッズを見てみよう!

 

■夏の甲子園2018県予選データ

※エントリを100にすると全校表示されます。「打率」「得点」などの▲をクリックすると各項目毎にソートされます。良かったらご利用下さいね~。

高校名 試合 打率 得点 安打 長打 本塁 盗塁 失策 失点 オッズ
旭川大(北北海道) 6 .351 50 59 9 14 8 12 18 247.6
北照(南北海道) 7 .323 50 71 19 5 8 5 14 239.1
八戸学院光星(青森) 5 .410 46 59 12 9 12 1 12 71.4
花巻東(岩手) 6 .369 50 65 13 1 17 4 15 152.4
金足農(秋田) 5 .321 22 43 9 0 9 5 7 200.9
仙台育英(宮城) 6 .350 36 70 14 0 14 4 8 43.6
羽黒(山形) 5 .303 29 53 9 8 4 1 11 275.2
聖光学院(福島) 6 .380 58 70 25 3 12 5 8 38.3
中越(新潟) 6 .398 56 88 20 5 11 5 22 40.4
佐久長聖(長野) 6 .399 52 69 17 3 9 4 9 65.7
土浦日大(茨城) 6 .388 41 78 23 3 4 9 11 110.5
作新学院(栃木) 6 .344 47 67 18 7 13 7 6 22.0
前橋育英(群馬) 6 .393 46 75 20 6 6 4 16 78.8
花咲徳栄(北埼玉) 6 .371 50 62 16 3 9 7 5 23.4
浦和学院(南埼玉) 6 .375 60 72 20 2 30 2 12 41.1
木更津総合(東千葉) 6 .381 50 72 15 5 13 3 9 19.6
中央学院(西千葉) 6 .342 43 63 17 8 9 3 15 42.9
二松学舎大付(東東京) 6 .404 48 74 15 5 13 2 7 29.7
日大三(西東京) 6 .323 50 61 20 6 7 4 24 38.2
慶応(北神奈川) 6 .379 53 72 21 6 9 7 22 25.2
横浜(南神奈川) 6 .374 55 77 16 4 22 5 15 7.3
山梨学院(山梨) 5 .385 50 57 20 5 13 6 12 88.9
常葉大菊川(静岡) 6 .371 55 73 13 6 26 2 10 79.5
大垣日大(岐阜) 6 .318 30 56 14 2 13 5 8 168.9
白山(三重) 6 .310 43 58 13 2 18 8 19 231.5
富山商(富山) 5 .401 62 63 25 3 5 4 18 155.7
星稜(石川) 5 .383 53 57 21 10 6 3 0 17.4
敦賀気比(福井) 5 .391 48 52 16 1 10 5 6 133.8
愛産大三河(東愛知) 6 .399 48 73 22 2 10 9 6 37.2
愛工大名電(西愛知) 7 .373 64 106 28 9 13 5 39 34.2
近江(滋賀) 5 .410 48 57 19 0 8 4 7 80.8
龍谷大平安(京都) 6 .457 70 75 21 1 24 4 3 9.2
大阪桐蔭(北大阪) 6 .446 70 86 32 4 5 5 9 4.2
近大付(南大阪) 7 .333 50 65 21 1 13 2 9 42.7
報徳学園(東兵庫) 6 .272 29 44 15 2 2 1 6 26.9
奈良大付(奈良) 5 .458 54 76 19 6 11 4 17 135.4
智弁和歌山(和歌山) 5 .410 60 59 15 4 6 5 11 24.0
創志学園(岡山) 5 .398 41 53 9 7 6 0 4 77.2
広陵(広島) 7 .426 80 84 22 5 24 5 7 11.3
鳥取城北(鳥取) 5 .362 47 63 17 3 22 4 10 285.6
益田東(島根) 5 .346 42 53 15 5 5 2 11 296.5
下関国際(山口) 5 .324 40 48 15 2 9 2 5 141.4
丸亀城西(香川) 5 .361 42 60 18 2 9 6 15 267.9
鳴門(徳島) 4 .352 39 44 15 3 5 8 25 455.0
済美(愛媛) 5 .318 35 50 15 3 4 3 8 85.2
高知商(高知) 4 .391 30 52 13 2 10 2 7 146.8
折尾愛真(北福岡) 6 .347 55 67 22 10 10 6 35 137.5
沖学園(南福岡) 6 .296 37 64 14 2 3 3 17 325.1
創成館(長崎) 5 .288 27 46 9 2 8 1 3 28.3
佐賀商(佐賀) 6 .311 40 57 17 3 6 7 12 288.7
東海大星翔(熊本) 6 .392 60 71 9 5 12 7 10 65.3
藤蔭(大分) 5 .299 33 44 13 0 4 9 17 347.9
日南学園(宮崎) 5 .344 39 54 20 3 9 3 19 323.9
鹿児島実業(鹿児島) 6 .362 40 68 17 3 6 8 6 92.6
興南(沖縄) 6 .335 30 64 13 1 11 1 6 51.2

 

【打率ベスト5】
1位 奈良大付 .458
2位 龍谷大平安 .457
3位 大阪桐蔭 .446
4位 広陵 .426
5位 八戸学院光星 .410
5位 近江 .410
5位 智弁和歌山 .410

【得点ベスト5】
1位 広陵 80得点
2位 龍谷大平安 70得点
2位 大阪桐蔭 70得点
4位 愛工大名電 64得点
5位 富山商 62得点

【失点ベスト5】
1位 星稜 0失点
2位 龍谷大平安 3失点
2位 創成館 3失点
4位 創志学園 4失点
5位 花咲徳治 5失点
5位 下関国際 5失点

【安打数ベスト5】
1位 愛工大名電 106
2位 中越 88
3位 大阪桐蔭 86
4位 広陵 84
5位 土浦日大 78

【長打数ベスト5】
1位 大阪桐蔭 32
2位 愛工大名電 28
3位 聖光学園 25
3位 富山商 25
5位 土浦日大 23

【本塁打数ベスト5】
1位 旭川大 14本
2位 折尾愛真 10本
2位 星稜 10本
4位 愛工大名電 9本
4位 八戸学院光星 9本

【盗塁数ベスト5】
1位 浦和学園 30
2位 常葉大菊川 26
3位 広陵 24
3位 龍谷大平安 24
5位 横浜 22
5位 鳥取城北 22

【失策数ベスト5】
1位 創志学園 0
2位 創成館 1
2位 八戸学院光星 1
2位 興南 1
2位 報徳学園 1
2位 羽黒 1

もちろん・・・この数字は「県大会」のものでありまして、「試合数」「球場」「県レベル」が違うので単純に比較することは出来ません。得点や失点は「試合数」が多くなれば当然多くなりますし、コールドゲームが多いチームはそれだけイニング数も減ります。また、球場の広さによって「長打」や「本塁打」の数は当然変わってきますし、激戦区の県と激甘区の県では大きく数字が変わって来まるからね。

 

ただ、こうやって比較することによって、分かることもあります。例えば龍谷大平安は投打に秀でており、機動力があって失策も少ないことから・・・非常にスキが少ない有力校であることが分かりますね。同じようなことが広陵にも言えるのですが、優勝候補の一校に挙げられている横浜は名前があまり上がっておらず・・・意外とアッサリ負ける可能性も無きにしも非ず。

また、打力に関して言えば、奈良大付・愛工大名電・富山商・・・などは大物食いの可能性を秘めてると言えます。

それから、「失点」の少なさから、創成館・創志学園という穴馬が浮かび上がります。打高投低が叫ばれて久しい高校野球ですが(特に夏の甲子園は打力がものをいうのですが)、点を取られなきゃ負けませんからねー。この2校はダークホースだと私も考えています。

 

大阪桐蔭はさすがの一言ですね。文句なしの優勝候補でしょう。

 

本当は全ての数字をイニング数で割った「率」を出すともっと分かりやすいんでしょうけどね~。特に防御率があると便利なんだけど・・・計算するの大変なんですよ。

 

スポンサードリンク



 

さて、上位人気の高校を見ていきましょう。

 

今回、ダントツの1番人気は大阪桐蔭。

 



春夏連覇を目指す黄金世代。大阪桐蔭史上最強だと言われている。安定した投手陣と圧倒的な強力打線で激戦の北大阪大会を勝ち抜いた。プロ注目の二刀流根尾、エース柿木、左の横川・・・わずか9失点(そのうち4失点は履正社戦)。これまたドラフトの目玉俊足巧打の藤原、山田、宮崎など・・・打線の破壊力半端なし。

 



東の横綱は横浜高校。強力打線の中心は4番の万波中正。身長190cm、体重88kgの恵まれた体、通算本塁打40本のスラッガー。神奈川大会でも24打数13安打。2本塁打と打ちまくった。投手陣の軸は板川と及川。この両左腕のデキ次第。

 

大関クラスは、龍谷大平安・木更津総合・広陵・星稜・・・

 

さて、

 

今年の甲子園も「打高投低」。

 

「10点取られても11点取り返す!」

 

というチームも多く、

 

連投を余儀なくされる夏の甲子園は何が起きるか分かりません。

 

大阪桐蔭や横浜が強いのは重々承知ですが、

(そんなもん誰でも予想出来るし)

 

それではオッズも低いですからね。

 

管理人は大穴予想で行きます!

 

【管理人の予想】

◎創志学園(岡山)

◯龍谷大平安(京都)

▲星稜(石川)

△愛三大三河(愛知東)

△創成館(長崎)

☆下関国際(山口)

 

創志学園は2年ぶり2度目の甲子園で歴史はありませんが、岡山大会を全て圧勝。エースの西は最速150kmの本格右腕。28回を投げてわずか4失点。33奪三振。チーム失策は0は今大会でこのチームだけ。4番の金山は19打数12安打5本塁打の化物。今大会の台風の目になる・・・かもしれないよ(笑)。

対抗に総合力の高い龍谷大平安。単穴に星稜。ヒモ穴には愛三大三河と創成館。大穴に下関国際!

 

さて、

 

勝利の女神が微笑むのは・・・どのチーム?