何故日本人には愛国心が育たないのか?右翼と左翼に見る日本の愛国心。

 

今更聞けない・・・
「右翼」って何?「左翼」って何?
なんで日本人には愛国心がないのでしょう・・・その原因は?

 

こんにちは。ブログ管理人の浅次郎です。

 

正直に告白します。

 

実は、

 

私も、

 

つい最近まで、

 

右翼が何なのか?左翼が何なのか?

 

よく分かってませんでした。

 

黒塗りの街宣車に乗り、
騒音をまき散らしながら「愛国」とか言ってる怖い人達が右翼。

街宣右翼画像1

 

基地反対運動をしたり、
戦争反対ー!とか言いながらデモしてる人達は左翼。

反日左翼デモ1

 

 

だと思ってました。

 

右翼って何考えてんだ?バカじゃね?と思ってましたし、
左翼って何考えてんだ?アホじゃね?とやっぱり思ってました。

 

しかし!

 

本来!

 

右翼も左翼も・・・

 

「国を愛する」

 

という人達なのであります。

 

え?

 

では、愛国心とは何でしょう?

 

家族を愛し、郷土を愛し、国を愛する心。
自国の歴史や文化を愛し、自国を守ってきた先人達を敬う心。
そして、自国の繁栄を祈り、自国の未来を切り開く心であります。

 

全世界共通の普遍の価値観であります。

 

しかし、日本の右翼も左翼も・・・この愛国心を微塵も感じません。

 

何故か・・・そのお話をこれからしたいと思います。

 

・・・

 

「右翼」「左翼」というのは元々はフランス革命の時に、
保守派が「右側」にすわり、革新派が「左側」に座ったのが語源であります。

 

国の伝統や文化、現体制を重んじて国を発展させて行こう!
というのが右翼であり、

 

革新的な思想を持ち込んで現状を打破し、国を良くして行こう!
というのが左翼であったのです。

 

明治維新の時を思い浮かべると分かりやすいです。

 

徳川幕府を盛り立て、
日本の伝統や文化を大事にしながら何とか日本を良くして行こう!というのが右翼。

 

徳川幕府を倒し、
西洋文明を取り入れ、新政府を立ち上げて日本を良くしよう!というのが左翼。

 

どちらも・・・「国を良くしよう」という思いは同じなのです。

ただ、考え方が違うだけなのです。

 

しかし・・・現代の日本の右翼や左翼を見ると・・・

 

なんかオカシイ。コワイ。アヤシイ。

 

そう思ってる人が多数だと思います。

 

これは、

 

実は、

 

日本人を思考停止状態にし、愛国心を奪い、
日本を弱体化させるための・・・

 

反日勢力の罠!

 

だったのです。

 

「asajiroさん、言ってる意味がさっぱり分かりません」

 

はい、そうだと思います。

 

分かりやすく解説しましょう。

 

まず左翼というのは分かりやすいです。

 

現代の日本では「平和」「平等」「民主」「自由」といったイデオロギーを元にした考え方です。私達もこれらのイデオロギーが正しいと徹底的に叩き込まれたと思います。

 

「いや、完璧正しいでしょ!」と思ってるアナタは完全体になりたい左翼セル。

 

完全体になりたいセル

 

新聞やテレビなどのマスコミも基本このイデオロギーに染まりきっており、
バックにあるのが中国・朝鮮系であるのか
アメリカ・欧州系であるのかの違いであります。

 

分かりやすく言うと「朝日」「毎日」は中国・朝鮮系左翼であり、
「読売」「産経」はアメリカ系左翼であります。

 

これは大まかな括りであり、
「朝日」「毎日」は共産主義・革新・平和色が強く、
「読売」「産経」は資本主義・保守・自由色が強いです。

 

まあ、いずれにせよ、
日本のマスコミは基本的に左翼側なのであり、
教育機関や労働組合も左翼側なのであり、
自然と私達国民はその左翼的洗脳に侵され続けているわけです。

 

こうなると・・・

 

「平和」が何よりも大事!戦争は絶対反対!
「平等」じゃないとダメ!男女平等!民族平等!大人と子供も平等!
「民主」個人が何よりも大事!国よりも大事!
「自由」がなにより素晴らしい!

 

という思想が植え付けられるわけです。

 

いや、これらの思想が間違ってる!というわけではないですよ。
むしろ素晴らしいことです。

 

しかし、「何か」が欠けている!・・・のです。

 

この「何か」が欠けたままこれらの思想にどっぷりハマるとどうなるのか?

 

平和ボケした日本人が出来上がるわけです。

 

日本列島は日本人だけの所有物じゃない

何言ってんだ!日本列島は日本人のものに決まってんだろバカ!

 

ま、私も、その平和ボケした一人ですけどね。

 

これこそ、戦後GHQが描いた通りの「日本弱体化策」であり、
共産圏の狙い通りの「日本お花畑計画」であります。

 

アメリカは日本を意のままに操るために、
そして中国はいずれ日本を属国とするために、
この日本弱体化にお金と時間を掛けるわけです。

 

で、さきほど、

 

何かが欠けている!

 

と言いましたが、

 

その答えは何なのでしょう?

 

はい。

 

愛国心

 

です。

 

愛国心があると先ほどのイデオロギーも姿を大きく変えるのです。

 

「平和」が何よりも大事!でも、いざとなったら国のタメに戦う!
「平等」じゃないとダメ!でも、伝統や文化によって平等の形は違う!
「民主」個人が大事!でも、国の方がはるかに大事!
「自由」は素晴らしい!でも、国のためなら規制も必要!

 

ね、全然変わるでしょ。
愛国心があるかどうかで、こんなにも変わるのです。

 

今の日本人が国のために戦えますか?→戦えません。
日本の伝統を無視して平等にして何が起きました?→学級崩壊、核家族化、晩婚化。
何でもかんでも自由にして何が起きました?→移民、犯罪の増加、非正規雇用者の増加、街の商店街は潰れ、TPPが妥結されれば国の農業も大打撃を受けます。

 

「平和」とか「平等」とか「民主」とか「自由」ってのは完璧じゃないのです。
国や地域や宗教によって変わるのであり、

 

これらのイデオロギーは「愛国心」があってはじめて完全体セルとなるのです。

 

完全体セル

 

 

そして、ヤツラはこの大切な「愛国心」が育たないようにします。

 

その為に必要なのが、典型的な「街宣右翼」の存在なのです!

 

街宣右翼画像2

 

 

街宣右翼画像3

 

 

街宣右翼画像4

 

 

街宣右翼画像5

 

 

街宣右翼画像6

 

私達はコイツラを「右翼」だと教わります。

 

そんで、ヤツラの車には
「愛国」とか「日の丸」とか「尊王」とか書いてあるわけですよ。

 

うへー!「愛国」だって!何あれ!きもー!
「日の丸」ださー!なにあれ?チョベリバー!
天皇ってアイツラの親玉なの?うげー!
バカ!指差すんじゃない!何されるかわからんぞ!

 

となるわけですよ。

 

「右翼=愛国」「右翼=コワイ」「右翼=戦争」

 

となるわけです。

 

これによって、日本人に「愛国心」が育たないように仕向け、

 

日の丸に対する拒否感を植え付け、
(最近お正月に日の丸付けてる車とんと見ません)

 

天皇が日本人にとってどんな存在なのか?すら分からないように仕向けるのです。
(学校でも一切教えてくれませんでした)

 

本来、

 

右翼というのは
国の伝統、文化を大事にしながら国を良くして行こう!
という人達、もしくは団体のことであります。

 

本来は、コワイ思想でもないし、恐ろしい思想でもないし、
ましてや軍国主義とかでは全然無いわけです。

 

日本における国の文化伝統の象徴は「天皇制」でありますが、
ほとんどの日本人が「天皇が何者か」すら知らず、
何故か街宣右翼と関連して考えちゃうわけです。

 

今の日本は、この「街宣右翼」によって、
純然たる右翼思想を徹底的に破壊されてしまったわけ。

 

だれに?

 

はい。

 

衝撃的なのが、この「街宣右翼」の正体

 

なんと、

 

ヤツラの正体は日本人じゃないのです(笑)。
そのほとんどが在日朝鮮人なのです。
※必見!→右翼の正体

 

あらかじめ申し上げておきますが、
私は朝鮮人に関して差別的な感覚は(あまり)持っておりません。

 

ただ、最近の中国の横暴、韓国の日本に対する誹謗中傷は許すまじ!と思ってますし、
何の罪もない日本人を大量に拉致した北朝鮮許すまじ!とも思ってます。

 

し、しかし、なにゆえ朝鮮人が???

 

日本人じゃない人達が「日本人右翼」のフリをし、騒音をまき散らし、
尊王だの自主憲法だのと喚き散らしながら街を闊歩しているのです。

 

そうすることによって「右翼」への嫌悪感すごくなりますよね。
すると・・・日本人が右傾化することはなくなり、
ドンドン左に向かうわけ。

 

つまり、コイツラの正体は
日本人右翼のフリをした反日左翼なのです!

 

街宣右翼画像2

よく見ると、日本人が使わない漢字を使ってます。
倭というのは「小人」という意味の卑しい漢字で、金印の文字で有名ですね。
現代日本で使われることはありません。

 

その存在理由は「右翼=コワイ」を日本人に植えつけるタメ。
「右翼=日の丸」「右翼=天皇」「右翼=憲法改正」「右翼=戦争」などと植え付けるタメ。

 

本当に政治的意味を持ってやっているのであれば、
他人の迷惑になるような行為をやるはずがありませんよ。

 

しかし、ある意味凄い戦略ですわ。。。

 

平和ボケした日本人は一発で「右翼=怖い人達」ってなりますもん。
さらに「右翼=軍国主義」「右翼=戦争したい人達」って連想しちゃうでしょう。

 

愛国心・・・天皇・・・なんて話をしたら、

 

「おまえ右翼?」とか言われちゃうわけです。

 

本能的に「国を愛する」ってことを避けてしまうのです。

 

でも、今まで述べてきた通り、本当の右翼の意味は全然違うのです。
街宣車に乗って迷惑極まりないことをしてるヤツラは右翼でも何でもない、

 

単なる朝鮮人の「反日運動家」(左翼)なのです。

 

ちなみに、

 

世界では「愛国心」を持ってるのが当たり前です。
そして基本的に「右翼思想」である人がほとんどです。

 

革命・改革が必要な国ならいざ知らず、
ほとんどの国は伝統や文化を重んじながら生活を営んでいるのです。

 

・・・

 

「浅次郎さん、今回の記事は衝撃的でした」

 

と思われた方も多いと思います。

 

私も衝撃的でした。

 

最後に、まとめの動画を一つ。

 

今日の記事は、この動画を見て書きました。
とても分かりやすく、素晴らしい内容なので是非ご覧下さい。

 

この動画の最後にあるように、

 

ばら撒かれる情報を鵜呑みにせず、
国民一人一人が真実を探求し、
自らの力で考えることが出来るようにならんといかんのです。

 

必要なのは、国を想う気持ちであり、日本を愛する気持ちであります。

 

そう思います。

    一緒に読みたい関連記事

    コメントはご自由にどうぞ!

    ご意見、共感、反論、厳しいツッコミ・・・なんでも構いません。出来る限り返信も致します(都合により返信出来ない場合もあります。誹謗中傷の類はご遠慮下さいませ)。また、初回のコメントは管理人の承認が必要となりますので(スパム対策です)、反映されるまで少々時間が掛かります!ご注意下さいませ~。

    コメントを残す