インフルエンザの予防注射って本当に効果あるの?

毎年恒例になっているインフルエンザの予防注射。妻、子供(3人)で計4人。1回一人3,500円で14,000円。2回摂取すると28,000円。結構なお金が掛かりますが・・・去年も一昨年も予防接種したにもかかわらずインフルエンザに罹っちゃったのです。インフルエンザの予防接種って本当に効果あるの?寝てりゃ治るのに必要なの?

 

こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。

 

妻・・・「去年も一昨年もインフルエンザの予防注射したんだけど・・・結局私も子供もインフルエンザ罹っちゃったのよねえ。なんか今年は価格も高くなってるし・・・病院いつも一杯だし・・・どうしようかしら?」

 

どうする?

 

という愛妻の言葉を聞いて、

 

「インフルエンザ予防接種」

 

についてネットで調べてみたところ・・・

 

驚いたことに、

 

賛否両論でした。

 

インフルエンザ予防接種肯定派
アステラス製薬のHP

インフルエンザ予防接種否定派
代表的な否定派HP

 

に分かれるわけです。
(是非、ご自身でも調べてみてください)

 

インフルエンザワクチンについて簡単にまとめますと・・・

 

1、感染を抑える働きはない

2、発症を抑える効果はある。

3、重症化を予防する効果が最も期待される。

厚生労働省のHPより

「インフルエンザにかかる時はインフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。
ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等のインフルエンザの症状が起こります。この状態を「発症」といいます。ワクチンには、この発症を抑える効果が一定程度認められています。
発症後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。これをインフルエンザの「重症化」といいます。特に基礎疾患のある方や御高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。ワクチンの最も大きな効果は、この重症化を予防する効果です。」

 

1に関しては肯定派も否定派もあんまり異論ないみたいですね。
インフルエンザは口や鼻から感染しますが、ワクチンにそれを防ぐことは出来ないようです。

 

問題は、

 

2の感染した後に発症するかしないか?
3の重症化するかしないか?

 

です。

 

肯定派の方たちは
「発症を抑える効果がある、重症化を抑える効果もある」

 

と言ってるのに対し、

 

否定派の方たちは
「何の効果もない、あるのは副作用のリスクのみ」

 

と言ってます。

 

私は専門家じゃないのでどっちが正しいか?なんて分かりません。

 

ただ、最近、身の回りの起きた現実として、

 

インフルエンザの予防接種をしたのに、
妻と子供二人がインフルエンザに罹った。

 

また、

 

自分は一切予防接種をしていないのに
インフルエンザに罹かったことは一度もない。

 

・・・という事実があります。

 

妻と子供がインフルエンザに罹ったのは2年連続の話。

 

ちなみに私は一度も病院での予防接種をしたことないのですが、
(小学校の頃は学校で予防接種をしてました)

 

生涯一度もインフルエンザに罹ったことはありません。
(今後、罹るかもしれません)

 

つまり、実感としては・・・

 

「予防接種って意味あんの?」

「予防接種してもしなくても罹る時は罹るんじゃね?」

 

とボンヤリ思っているのです。

 

そんで、公園でナンパしたママ友に聞いてみると・・・

 

ママ友
やっぱり同じような意見があるわけですよ。

 

「予防接種したのに、A型もB型も罹ったのよ!」

「予防接種してないけど、ウチの子は全然罹らないわー」

 

もちろん、個人の体質や抵抗力や食事や生活習慣や感染経路なんかもあるでしょうけど、
少なくとも・・・インフルエンザの予防接種は、

 

「絶対必須の予防接種」じゃない!

 

ような気がするのです。

 

もちろん、妊婦であったり、乳児であったり、高齢であったり、
色んなケースがあるので一概には言えませんけどね。

 

で、肯定派、否定派の意見を見て気になった点が一つありまして、

 

2の発症について・・・
否定派が根拠にしている「前橋レポート」についてです。

 

インフルエンザ前橋レポート

五本木クリニック院長ブログから抜粋

 

こちらの五本木クリニック院長ブログでも
「前橋レポート」について反論されてますね。

 

なるほど。なるほど。

 

私も最初、コレを見て、

 

インフルエンザ前橋レポート2

 

前橋市:42.8%(非接種)
安中市:45.6%(非接種)
高崎市:40.1%(接種・非接種)
桐生市:43.0%(接種・非接種)
伊勢崎市:51.9%(接種・非接種)

 

多分伊勢崎市はかなりインフルエンザが流行ったんでしょう。
ま、それを考慮したとしても・・・

 

「予防注射してもせんでも変わらんやんけ!」

 

と思いましたが、

 

このブログに書いてある通り、
予防接種の有効性を比較するのであれば、
比較するところが違いますね。

 

インフルエンザ前橋レポート3

 

市で比較するのではなく、
同じ市内で「非接種の人」と「接種した人」を比較するのが筋でしょう。

 

高崎市 非接種罹患率53.9%→2回接種罹患率38.3%
桐生市 非接種罹患率51.8%→2回接種罹患率39.2%
伊勢崎市 非接種罹患率58.4%→2回接種罹患率49.1%

 

おお、効果あるやん・・・け?

 

い、いや確かに効果ありますが・・・
高崎市は約15%、桐生市は約13%、伊勢崎市は9%下がったのみ。

 

効果がある!とは言えますが、
その効果のほどは10人に1~1.5人のレベル。

 

最初に戻って予防注射をしてない前橋市と安中市と並べてみましょう。
もちろん高崎市、桐生市、伊勢崎市は2回接種をした人のみの数字です。

 

前橋市:42.8%(非接種)
安中市:45.6%(非接種)
高崎市:38.3%(2回接種した人のみ)
桐生市:39.2%(2回接種した人のみ)
伊勢崎市:49.1%(2回接種した人のみ)

 

これなら公平な比較だと思いますが・・・
(地域での流行り具合の差はあるにせよ)

 

それでも

 

「ちょっとしか変わらないんじゃね?」

 

と思ってしまいますよ。

 

集団で予防接種を行えば、
みんなが発症しにくくなるはずだから、
それだけ罹患率が落ちるはずですけど・・・それでこの差?

 

それよりも、私が思うのは、

 

最も罹患率の低かった高崎市でさえ・・・

 

2回のワクチン接種をした18,941人中、

7,254人の人が罹患しているという事実。

 

つまり、2回接種しても10人中4人は罹ってしまうってこと?

 

いや、私の勝手な想像ですが、

もっと効果があると思っていたのですよ。

 

これ、高いお金を払い、長い時間待たされつつ、

予防接種する価値・・・ある?

 

・・・

 

それから、インフルエンザの予防接種が絶対的に必要というのなら、
なぜ保険が適用されないのでしょう?
(病気に対する治療じゃないので健康保険が適用されない)

 

まあ、法律上、保険が適用されないのはしょうがないとしても・・・
なんでこんなに高いのでしょう?

 

ウチのかかりつけ病院では一本3,500円です。

 

ワクチンの原価は350円。医者の仕入れは1,000円らしいですが(事実かどうかは分かりません)、これが消費者のところで3,500円ってのは・・・いくら何でも高くないですか?
(4人家族で14,000円、2回接種すれば28,000円です)

 

実際1500円くらいでやってくれる病院もあるという話ですけど?

安ければもっと多くの人が予防接種出来るわけでしょ?

 

この価格だと

「貧乏人はインフルエンザに罹ってもしょうがないよね」

と言ってるのと同じじゃないですか?

 

いやね・・・予防接種すればインフルエンザに罹らない!というのなら3,500円でも安いもんです。いや、物事に絶対などありませんのでインフルエンザに罹る確率50%→10~20%になるのならいいですよ。値段も納得です。我が家には1歳の子供がいますし、予防注射してもいいと思います。

 

でも実際のところどうなんでしょう・・・?

 

先ほどの前橋レポート以降は、集団接種がされなくなったので(任意接種になった)、大きなデータ自体がないようですが・・・

 

罹患率50%→40%になる感じ?

 

予防接種をしても10%くらいしか変わらない?

 

発症予防の効果はあるのでしょうけど・・・

それが10%だとしたら、

なんかヤムチャレベルの微妙さだと思ってしまいますよ。

 

ヤムチャ氏また死亡

 

まあ、ヤムチャでも多少は戦力になるわけですが、その効果はサイバイマン一匹分?予防接種よりも「学校で流行ってる」とか「いつも遊んでる友達が罹った」とかの方が重要な気がします・・・。

 

・・・

 

3の重症化についてですが、
これも色んなところで色んなことが言われています。

 

確かに毎年インフルエンザの重症化が原因で死亡者も出ます。
(特に、乳幼児や高齢者)

 

しかし、

基本的にインフルエンザは

2~3日安静にして寝てりゃ治ります。

 

他の・・・必ず予防接種が必要な病気とは違い、
(日本脳炎、結核、おたふくかぜ、ボリオ、肝炎など)

 

寝てりゃ治るのです。

 

普通の風邪でもこじらせば2~3日安静にしてなきゃなりませんし、
普通の風邪でもこじらせば重症化して亡くなる方がいます。

 

でも「風邪の予防接種」なんてしませんよね?
(つか、そんなんないっすよね)

 

あれ?インフルエンザって風邪の一種ですよね?
(風邪もウイルスの感染によって発症します)

 

重症化・・・って他の予防接種が必要な病気を比べて、少し大袈裟なのでは?

 

ちなみに、WHO(世界保健機構)は、
「ワクチンでインフルエンザ感染の予防は出来ない。また有効とするデータもない」としながらも「発症や重症化を抑える効果はある」とし、「妊婦、高齢者、子供、慢性疾患の有る人、医療従事者は毎年予防接種することを勧める」と言っています。

 

また、事実関係は分かりませんが、
「子供に定期的にワクチン接種を受けさせることでインフルエンザと闘う免疫システムが悪化する」という説もあるそうです。※こちらの文中より抜粋→2011年にオランダのエラスムス・メディカル・センターで行われたワクチン学の研究結

 

我が家の子どもたちは・・・
赤ちゃんの頃から毎年インフルエンザの予防接種をしてますが、
一昨年、去年とインフルエンザに罹ってしまいました。

 

この説が正しいとしたら、

 

毎年のインフルエンザ予防接種が・・・

逆に免疫力の低下を招いていた?

(真偽のほどは分かりません)

 

というわけで、

 

このブログの結論。

・インフルエンザの予防接種は効果がある。

・ただし、劇的な効果は期待出来ない。

・寝てりゃ治る。

 

あ、もちろんこれは一般的な方の話でして、
乳幼児や妊婦や高齢者や疾患者には当てはまらないです。

 

結局、

 

罹る時は罹るし、
罹らない人は罹らない。

 

のではないでしょうかねー。

 

予防接種を行うかどうかは、
個人の考えや環境、お財布状況を鑑みて決めればいいと思います。

 

私個人は、
インフルエンザになったことないので
予防接種する気は初めからありませんが、

 

今年は・・・妻も子供(9歳、5歳、1歳)も予防接種しません。

 

DSC_1751

 

インフルエンザ、今年は流行らないといいですね。

 

ウチも予防接種しませーん!って方がいらっしゃいましたら、
facebook、twitter、ブログ等なんでもいいのでシェア願います!
下記コメントも大歓迎ですー。
「いやいや!予防接種した方がいいです!」とか
「予防接種しなくも関係ないです!」とか
今までの経験・感想などありましたら教えて下さい~。

    一緒に読みたい関連記事

    コメントはご自由にどうぞ!

    ご意見、共感、反論、厳しいツッコミ・・・なんでも構いません。出来る限り返信も致します(都合により返信出来ない場合もあります。誹謗中傷の類はご遠慮下さいませ)。また、初回のコメントは管理人の承認が必要となりますので(スパム対策です)、反映されるまで少々時間が掛かります!ご注意下さいませ~。

    6件のコメント

    • kirinmama

      私の友人の子供(小学生)で接種しなくて重症化した人がいます。命は取り留めましたが、日常生活を送る事が出来なくなりました。日本では約1万人毎年死亡しています。弱者(子供、老人、糖尿病などの免疫力の低下してる人)が罹患しないように流行を止めなくてはなりません。自分の子供がインフルエンザ脳症になったらどうしますか?予防接種しておけばと思う筈です。過去の歴史を見れば分かる筈です。予防接種も薬もなかった頃は恐ろしい病気でしたね。自分の事だけでなく流行を予防する事が自分と身近の人を守る事になると思います。
      体力のある大人はちょっと我慢すれば治る事が通常ですが、そのウィルスを弱者に移して亡くなってしまう事があるんです。
      副作用の少ない予防接種をケチって後悔したくありません。
      国がもっと援助してくれたら予防接種をする人が増えるし、たかが風邪(インフルエンザ)で死亡する人は減ると思いますよ。

      • kirinmamaさんコメント有難うございます!管理人の浅次郎です。

        ご意見非常に参考になりました。
        子供や高齢者が重症化するケースはとても多いみたいですね。
        WHOや厚労省も「重症化を抑える効果がある」と言ってますので、
        予防接種の一番はこの点なのだと思います。

        ウイルスの拡散防止が目的なら・・・
        仰るように、もっと安く予防接種出来るようにして貰いたいと思います。

    • わら次郎は社畜だからみんなで集団予防接種しました!
      数百人の出入りあっても、今年は誰も罹患しませんでした!

      毎年いろんなウィルス出るから困りますよね。医療商法かと思ってしまいます(;_;)

      数千円で安心を買う保険みたいなものと考えてます。
      でも、このグラフみるとなんかあやしいですね。だったらガチャ資金に…

      わら次郎はまだ禁スマホゲームに失敗し苦戦です汗

      • わら次郎さんお久しぶりです!浅次郎でっす!

        集団予防接種ってのもあるんですね~。
        私が会社勤めしてたころはありませんでしたが・・・。

        数千円で買える安心と思えば安いもんかもしれません。
        我が家の場合は子供3人なんで諭吉が飛んでいきますが(笑)、
        それでインフルエンザに罹るとなんでやねん!と思ってしまいますよ。

        スマホゲームは麻薬と同じなんでヤメるの難しいッス。
        分かってても、削除しても、またダウンロードしてしまいます。
        しかし、何度でも言いますよ~!

        スマホゲームはダメ絶対!今すぐアプリ全削除して下さい!

    • ヒロ

      2009年に新型インフルが高校生を中心に若者に流行しましたが、
      彼らが幼少期の頃、ちょうど抗菌グッズブームだったり、
      親が公園とかで遊ばせなかった世代なんですよね。
      幼少期の生活環境って将来の免疫に影響あるのか偶然なのか・・・

      • 公園の砂場ってのは雑菌だらけ!らしいですが、
        そこで砂だらけになって遊ぶことで、免疫が出来るとかいう話を聞いたこと有ります。
        幼少期の生活環境は大いに関係あると思います・・・

    コメントを残す