【プレミアムフライデーについて】プレミアムフライデーは日本の企業に定着、浸透する?公務員や大企業はまだしも中小企業やサービス業界で月末金曜日の15時退社が可能?そもそもこれで消費が増える?効果は?飲食業界にとっては血の金曜日となる?なんで月末?なんで金曜日?プレミアムフライデーは定着せずに消えていく?

 

2017年2月24日、

今日からプレミアムフライデーがスタートします。

 



プレミアムフライデー公式ページより

 

プレミアムフライデーとは、

毎月最終の金曜日に15時退社を呼びかけ、

消費を促す官民一体の取り組みです。

 

「月末金曜日は少し早めに仕事を終えて、

ちょっと豊かな週末を過ごしませんか?」

 

というのがそのキャッチコピー。

 

経済産業省と経団連の主導で推進されたものでして、

今日から一斉にスタート。

 

しかし・・・

 

「いえーい!15時退社ー!」

「飲みに行くべー!」

「ススキノに行くべー!」

 



 

と、果たしてなるのかどうか?

 

■プレミアムフライデーの問題点

・中小企業には難しいんじゃないの?

・月末の週末はくそ忙しいんだけど?

・15時退社のシワ寄せはどこに行くの?

・その分残業が増えるんじゃないの?

・サービス業や客商売はムリだよね?

・時間給のパートやアルバイトは?

・なんで金曜日?(月曜日じゃだめ?)

・なんで月末?(←忙しいのでは?)

・15時退社だとそのまま直帰するのでは?

 

この「プレミアムフライデー」は週休2日制のように

「働き方改革」の為に行われるのではなく、

「消費喚起」が目的なんだそうで。

 

企業からすれば、

当然売上を減らす訳にはいきませんから、

プレミアムフライデーで15時退社になろうと

仕事はきちんとして貰わんと困りますよ。

 

そうなると、

15時退社の分はどこかで穴埋めしないと行けないわけで、

これは残業や休日出勤に繋がるのではないでしょうかね。

 

そもそも・・・

ギリギリの人数でやってる中小企業

サービス業にはムリな話なのではないでしょうか?

 

つまり、

プレミアムフライデーが活用されるのは、

官公庁の一部と大企業と余裕のある中小企業のみ?

 

これはYahooのアンケート結果。

 

プレミアムフライデーで日本人の働き方は良くなると思う?



「プレミアムフライデー」導入、日本人の働き方は良くなると思う?

 

「変わらない」と答えた方が80%以上。

 

そもそも・・・

 

「関係ない!DIO様と仕事だ」

 



 

って人が大多数になりそうですね(笑)。

 

それから、

このプレミアムフライデーの効果ですが、

 

「旅行業界」にとっては商機!でありますが、

(金曜から旅行に行く人が増える)

 

「小売業界」「サービス業界」

土日の分の売上がスライドするだけって話も。

 

そして、

「飲食業界」にとっては

「血の金曜日」だという話もあります。

 



プレミアムフライデーなのにガラガラ?

 

なぜなら、

 

「15時から飲みや食事には行かないのでは?」

「お父さんはさっさと家に帰ってしまうのでは?」

「夕方までどうやって時間を潰すの?」

 

といった懸念があるからです。

プレミアムフライデー、オフィス街飲食店は「大迷惑」な理由

 

た、たしかに・・・。

 

特に、会社近くの飲み屋なんてのはスルーしてしまいそう。

15時から飲む?と誘われてもちょっとねえ。

 

あ、酔っ払う前にフロに行くって手はあるか(笑)。

温泉、サウナ、マッサージ、◯◯・・・これは需要が増えるかも。

 

それか一旦帰宅して自宅の近くで飲むとか?

奥様や子供たちと一緒に出かけるとか?

 

これはこれでアリかもね。

 

というわけで、

 

このプレミアムフライデーを採用出来るのは、

官公庁や大企業などに限られると思われますし、

消費効果も疑問だという声がありますが、

 

実際、どうなんでしょうね?

 

私個人は是非定着して欲しいと思ってますが、

定着・浸透して行くのか?

それとも消えて行くのか・・・?

 

「地方零細企業に勤めてますが、全くもって関係ないっす!」

「今日から15時退社実施されました!定着しそうですよ!」

「プレミアムフライデー・・・全然客が来ねえ!」

 

なんてご意見や体験談がありましたら、

 

是非教えて下さーーーい!

 

(コメント欄が下の方にありますので!)