こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。

 

連日、メディアを賑わしてる・・・

 

「イスラム国」

 

イスラム国画像1

 

 

イスラム国画像2

 

 

イスラム国画像3

 

 

その過激な行動テロ活動などは
全くもって許せるもんではありませんし、

 

日本人を人質にとって身代金を要求するなど

 

言語道断!

 

許すまじイスラム国!

 

でありますよ。

 

・・・

 

だけんどもしかし・・・

 

どうもキナ臭い感じがするわけです。

 

何故かというと、
マスコミが皆同じ内容の報道をしておるからです。

 

「イスラム国」=「悪」

 

だからイスラム国は打倒せねばならない。
だから全世界は(日本も)協力しよう。
イスラム国と戦うのは善である!

 

「テロには決して屈するな!」

 

という論調です。

 

うむ。

 

そうだそうだ!曹操だ!

 

そうだそうだ!

イスラム国は悪だ!

テロを世界中から根絶せよ!

 

・・・と言うのは簡単ですが、

 

事の発端はなんでしたっけ?
どうやってイスラム国は生まれたの?
なんでイスラム国はテロを行うの?
イスラム国は何に怒ってるの?

 

イスラム教圏とキリスト教圏の
宗教的対立がクローズアップされますが、
(実はユダヤ民族も深く関係してますが)

 

元々はイラク国内の
シーア派と過激スンニ派の争いじゃなかったっけ?

 

イラク政府(シーア派)がアメリカに泣きついて
(現イラク政権は米国の傀儡政権)

 

イスラム国(過激スンニ派)に

空爆を開始したわけですよ。

 

イスラム国空爆1

 

 

イスラム国空爆2

(注、これはイスラエルのガザ空爆画像。イスラム国空爆の情報は非常に少ない模様)

 

いえ、私にはイラク政府(シーア派)とイスラム国(過激スンニ派)の

 

どっちが正しいとか分かりませんよ。

 

宗教上や政治上の対立があるのでしょうし、

 

どちらも正義を掲げて戦っているのだと思います。

 

そこに口出ししてるのが欧米。

 

そして、イスラム国の残虐な一面が殊更クローズアップされ、

 

イスラム国は許せん!と欧米は言ってます。

恐怖支配が止まらない…恐るべきイスラム国の真実【ISIS】

 

それは確かでありましょう。
私もそう思います。

 

しかし、これは基本、他国の問題なのでは?

 

アフリカ諸国でも内戦とか民族の争いが度々発生し、
時に残虐非道な事件・争いが起きたりしますが、

 

ルワンダ大虐殺(最初の1分でいいので御覧ください)

 

欧米は何も言いませんよ。
(欧米の支配、部族の対立が原因という点では中東の構図と非常に似ています)

 

残虐行為だから空爆せねば!とか言い出しませんよね?

 

また、北朝鮮は危険な独裁政治の上に

核ミサイルも持ってますね?

 

テポドンC

 

度々ミサイルの試射を行ってますし、
多くの人民が非人道的扱いをされ、飢えに苦しんでいます。

 

でも欧米は何も言いません。

 

(※最近はミサイルの精度が上がり、アメリカ本土に届く可能性が出てきたために問題になってますが、それまではほとんど無視されていました)

 

イランは核開発の疑いがあるというだけで袋叩きにするのに、です。

 

じゃあなんで・・・
イラクやイランなど中東アラブ地域にはアメリカが口出しするか?

 

というと、

 

石油利権

 

があるからです。

 

スポンサードリンク

 

つまり、

 

イスラム国との戦い=オイルマネー争奪戦。

 

アフリカの内戦に干渉してもお金にならんのです。
北朝鮮をとっちめてもお金にならんのです。

 

この石油利権にイスラム国が手を出したから、
アメリカ(国際石油メジャー)が怒ったわけ。

 

つまり、
欧米がイスラム国を非難し、
勧善懲悪のイメージを創りだす裏側には、

 

欧米側の空爆を正当化し、
(空爆を行うことで儲かる人達がいる)

 

石油利権を取り戻すこと!

 

という大戦略があるのです。

 

だとすれば・・・
イスラム国によるテロとか残虐行為は、
欧米にとってむしろ大歓迎ってことになりますよねー。

 

嘘かホントか知りませんが、
9.11はアメリカの自作自演って話もあります。

 

 

(これらの動画は削除される可能性アリ)

 

いや、私も、

「崩壊するの速すぎじゃね?」と思ってましたが・・・

 

もちろん、

これらの動画の真偽は分かりません。

(面白いので是非見て欲しい)

 

分かりませんが、

フランスで起きた銃撃テロも疑問だらけだと言いますし・・・

 

 

「自作自演の可能性」もあるんじゃね?

と思ってしまいますよ。

 

 

・・・

 

まあ、テロが欧米の自作自演である・・・

という陰謀説は置いておきまして、

 

欧米の目的は石油利権。

イスラム国の目的も石油利権。

 

そして、

アメリカ(欧米)の目的が

石油利権を取り戻すことだとして、

アメリカに怒る権利があるのでしょうか?

 

この石油利権は元々イスラム世界から
アメリカ(国際石油メジャー)が分捕ったものです。

 

大元をたどれば・・・

 

「残虐行為を行っている」

「大量破壊兵器を保有している」

「アルカイダを匿っている」

 

などと世界中に嘘をついて、

 

湾岸戦争・イラク戦争・アフガン戦争などで

 

イラク戦争

 

イスラム世界を攻撃した・・・

 

アメリカ

 

に原因があるのではないでしょうか?

 

一方的に「自由」「民主主義」を押し付け、

 

イラク戦争の犠牲者

 

罪のない一般市民を巻き添えにし、
「石油利権」を手にするためにイスラム世界を侵略したのは、

 

アメリカ

 

ではないでしょうか?

 

だとすれば、

 

だとすればですよ?

 

イスラム国側からこの戦いを見れば、
欧米に奪われた権利を取り返すための

 

【聖戦】

 

なのでは・・・?

 

いや、これは単なる私の妄想・推測です。

 

マスコミが言ってる通り、
イスラム国は残虐で私利私欲にまみれた
過激なテロリスト集団なのかもしれません。

 

しかし物事は一方通行で考えたらイカンと思うのです。
彼らの身になって考えてみると、
こういう考え方も出来るのでは?
と考えてしまうのです。

 

だから世界中から志願兵が集まるのでは?
だから命を捨ててまでテロを行うのでは?
と思うのです。

 

不当に行われた過去の戦争で
親兄弟や子供や恋人を殺された方もいるでしょう。
劣化ウラン弾の後遺症に苦しむ人達もいるでしょう。

 

閲覧注意。覚悟を持ってご覧下さい。

 

全く報道されませんが、
現在も欧米の空爆で多くの民間人が亡くなってると思われます。
(誤爆や巻き添えは避けられない)
(空爆の映像とか何故か・・・報道されませんよね)

 

欧米が行ってることは残虐非道ではないのでしょうか?

 

彼らの恨みはどこへ行けばいいのでしょう?

 

戦闘機やミサイルなど戦争兵器を持たない彼らは
どうやって欧米と戦うのでしょう?

 

それとも、
奪われ、侮辱され、殺され続けるのを
許容するのが彼らの運命なのでしょうか?

 

参考→イスラム国(ISIS/ISIL)について、中東の人たちはどのように受け止めているのでしょうか?
※イスラム教徒の大多数は穏健派です。

 

スポンサードリンク

 

ちょっと角度は違いますが、

 

同じ図式が中国のウイグル地区

 

ウイグル族の虐殺

 

ウイグル族の虐殺2

 

ウイグル族の逆襲1

 

宗教を奪われ、
文字を奪われ、
言葉を奪われ、
仕事を奪われ、
誇りを奪われ、
若い女性は連行され、
同族の結婚も認められず、
不当に逮捕された者は決して帰って来ない・・・

 

これまで虐殺されたウイグル族は
数十万とも百万人とも言われています。

ウイグル族大虐殺

(核実験の被害者を含めるともっと?)

 

民族ごと消し去ろうとしている中国共産党に対し、
ウイグル族は激しい憎悪を向けているのです。

 

しかし戦う手段がない彼らは、
斧や刃物を持って(銃すら持ってない)警察を襲うのです。

 

「ウチの息子を返せ!」

 

と言ってね。

 

これを中国政府は「テロ」と称して、
全世界にプロパガンダします。

 

「中国は決してテロに屈しない」

 

とか言うわけです。

 

「テロに屈しない・・・」

 

あれ、これってイスラム国と同じ図式じゃないですか?

 

・・・

 

※現在、不法に中国を出国し、
イスラム国に加担するウイグル族が増えているのだそうな。
中国人200人、イスラム国参加…ウイグル族か

 

ウイグル族の逆襲2

 

もし仮に、

 

自分が我が子を殺されたウイグル族なら・・・
と考えてしまいますよ。

 

私達は平和な日本に暮らしてるからイメージが湧きませんが、
抑圧され、弾圧され、日々怯えて暮らすウイグル族からすれば、
イスラム国のように武器を持って戦いたい!と思っても不思議ないです。

 

民族自決、民族独立のための戦いは、

果たしてテロなのでしょうか?

 

平和的解決が出来ればそれが一番ですが、
それは理想でしかないのです・・・。

 

・・・

 

もちろん、イスラム国であれ、ウイグルであれ、
民間人を狙った無差別テロは言語道断ですよ。
(今回の日本人人質も言語道断です)

 

少女を使った爆弾テロや
民間企業を狙ったフランスのテロなど

 

許されるものではありません。

 

しかし、逆の立場に立って考えることも大事で、

 

何故イスラム国が生まれたのか?
何故イスラムの人達は怒っているのか?
何故過激派と言われる人達がいるのか?
何故テロを行うのか?
空爆はOKでテロはNGなのか?

 

を考えてみると、

 

今のマスコミの報道は、

 

欧米や国際金融資本の都合のいいように

 

されているんだな・・・

 

と想像つきますよ。

 

(日本は欧米ピラミッドの一員なので自然とそうなる)
(違うピラミッドでは違う報道が為される)

 

まあ・・・だからと言って、
今の日本は欧米や国際金融資本に逆らうことは出来ないし、
(安全保障を米国に依存してるので)

 

戦略上強い方につくのが定石であり、

 

弱ってきたとはいえ、アメリカは強大です。

 

日本の立つ位置としてはしょうがないかと思います。

 

人道支援に2億ドル

 

・・・

 

何が言いたいかと言うと、

 

イスラム国が悪!とか

アメリカが悪!とか
そういう善悪論は置いておいて、
(どちらにも正義があり、どちらもその正義に則って行動している)

 

マスコミの言うことを鵜呑みにせず、

自分で考える癖をつけましょう!

 

ということです。

 

幸い、現在はネットで調べれば有象無象の情報が溢れています。
正しい情報もあれば正しくない情報もありますが、

 

考える材料には事欠きません。

 

何も考えずにマスコミの言うことをインプットしてると、

 

知らぬ間に洗脳されちゃいますからね。

 

気をつけるようにしましょう。

 

 

 

【追伸】人質の救済について。

 

人質の救済については色んな意見があると思います。
人それぞれ意見があっていいと思います。

 

以下は私の個人的意見です。あしからず。

 

「生活の党と山本太郎と愉快な仲間たち」の山本太郎は、

こんなツイートをしてます。

山本太郎氏の首相宛ツイート

 

ワイドショー等を見てても、

 

「人命を何より優先に・・・」

 

なんてコメントで締める人が多いです。

 

私はこの件について

 

「アホか!」

 

と思うのです。

 

批判覚悟で言いますが、

 

「人の命が何より重い」

なんて間違っている。

 

と思います。

 

個と公をごっちゃにしてはいけないのです。

 

個人の命より国の方が重いに決まってます。
国があるからこそ私達は生きていけるのです。
(違う!とおっしゃる方は日本から出て行ってどうぞ)

 

個人の命より公金の方が重いに決まってます。
私達が懸命に働いて収めた税金ですよ。

 

個人の身代金に使うなんてとんでもないです。
国の為に働いてる時に捕まった!というなら話は別ですけどね。

 

そして、払ったが最後、

 

「日本は身代金を簡単に払う」

 

とレッテルを貼られ、
世界中の日本人の安全が脅かされます。

 

日本人を見た途端、

 

目がお金

 

となる悪い外国人が増えることでしょう。

 

そして払われたお金は彼らの弾薬に変わるだけ。
もっと多くの人の命が犠牲になることでしょう。

 

また、人の命には価格がありますよ。

 

一般的な日本人なら大概「一命一億円」くらいです。
交通事故で死亡させた場合、
それくらい賠償責任が発生しますよね。
(もちろん個人差はあります)

 

今回の身代金が一人一億円なら考えてもいいでしょう。
(と言っても国が払うのは論外。寄付で集めるか家族が出すか・・・)
しかし二人で2億ドル(約236億円)ですからね。

 

価格の面で考えても命よりお金の方が重いです。

 

「何言ってんだ!人の命の方が重いに決まってるだろ!」

 

という方は、
一度「寄生獣」をご覧になるか(笑)、

 

寄生獣
そのお金を自分が払えるか?
自分の命にそれだけの価値があるか?
を考えないといけませんよ。

 

2億ドルあれば数万人規模の難民を救えるのです。
(もちろん国際社会の中でアピールする狙いもある)

 

二人の日本人と数万人の難民。

 

命の重さが一緒なら、
ドッチを取るか考えるまでもありません。

 

二人の日本人を救うべきと言ってる人は、

 

「日本人の命は特別である」

 

と言ってるに他なりません。

 

戦争ともなれば多くの民間人が巻き込まれますし、
現在の空爆でも大勢の人が亡くなっていることでしょう。
イスラム国によって無慈悲に殺された方も数多いでしょう。

 

公開された人質の価格が2億ドルで、
人知れず殺害された方はゼロなのでしょうか?

 

今回人質となって日本人二人のことを
私は良く知りません。

 

しかし、危険と知っていて、
自らの意思で行ったからには自己責任だと思うのです。
(後藤さん本人もそのように言ってますよね)
(後藤さんは高額な誘拐保険に入るなどリスクをヘッジして入国してます)

 

仮に我が子がイスラム国に捕まったとしても、

 

「皆さん、お願いします。助けて下さい」

 

なんて口が裂けても言いません。

 

「息子がご迷惑をお掛けし申し訳ありません」
「一切構わず人道支援を続けて下さい」

 

と言うべきだと思います。

 

これが「自衛隊の隊員」とか「政府関係筋の方」とか
国の命令で行ったのなら話はまた別ですけどね。

 

とはいえ・・・

 

感情論で言えば、
人質とされたお二人の生還を心から願っています。
(後日注、すでに殺害されてしまったという話ですが・・・)

 

憎しみの螺旋が早く終わりますように。