こんにちは!浅次郎です。

 

激安チェーンの居酒屋や全国チェーンのお弁当。
それからファミリーレストラン。

 

これらに出てくる「鶏の唐揚げ」って

 

安いくせにウマイですよね!

 

ジョイフルの唐揚げ定食

 

私も大好きです!

 

しかし・・・たまに・・・

 

妙にフワフワして、
とっても柔らかくって、
異常なほどアブラっぽい!と感じたことないですか?
もしくは粉っぽいと感じたことないですか?

 

1個目は美味しかったけど、
2個目からはマズ・・・って感じたことないですか?

 

私、思い返せば度々ありますよ。

 

よくよく考えれば、どうも食感がおかしい・・・。
家庭で出てくる唐揚げと何となく違うのです。

 

コリッとした弾力のある鶏もも肉の食感でも、
パサっとした感触の鶏むね肉の食感でもないのです・・・。

 

激安チェーン店などで出てくる唐揚げは、

なんとなくおかしい・・・(けど旨い)

 

と思ってた矢先に、こんな記事を見つけました。

→中国産でなくても安心できない!? 外食チェーン店“カサ増し肉“の恐怖

 

外食の裏側を見抜くプロの全スキル教えます

 

え?

 

植物性タンパク質を注入?

 

ハム・ソーセージをはじめ

数多くの食品に用いられている?

 

肉の重量に対して50%入れることもある?

 

味を整えるために様々な添加物を入れる?

 

唐揚げも「植物性タンパク」でカサ増しするのが一般的

 

これって業界では当たり前

 

マジですか・・・

 

思えば、

 

思い当たる節は沢山ありますよ。

 

なんだかひき肉の粒がミクロなハンバーグ・・・

何故か歯ごたえがスカスカなトンカツ・・・

メンチカツもエビカツも・・・。

 

このカサ増しに使われる「植物性タンパク」

それ自体は大豆由来のものだったりするわけで問題ないのですが(多分)、

 

問題は一緒に使われる食品添加物着色料です。
植物性タンパクを注入した分だけ・・・
大量に使われていると思っていいでしょう。
添加物の恐ろしさはこちら

 

安いものにはワケがある。

 

先日、マクドナルドやファミリマートが輸入していた
中国産鶏肉の問題がありましたが・・・

 

そもそもの話で、中国産食材の安全性はかなり疑わしいです。

 

閲覧注意!

これは若干オーバーな動画ですが、
こういう環境で作られ、育てられた食材が安全とは言い難いです。

 

実際、中国では無農薬の高品質野菜が5~10倍の値段でも売れるのだそうな。
無農薬野菜作る植物工場、中国で急増する理由は

 

なぜ、日本企業がリスクがあると知りつつ、
中国から食材を輸入するのか・・・?

 

安いものにはワケがあるのです。

 

スポンサードリンク

 

・・・とは言っても、

 

現代生活において

全ての偽装肉添加物を避けるのは不可能です。

 

ある程度は許容してしまうしかないでしょう。

 

しかし、知ってると知らないとでは、

大きく違ってきます。

 

唐揚げを食べたいなら唐揚げ専門店で食べましょう。
ハンバーグは産地が明記したあるものを食べましょう。
激安のハムやソーセージは出来るだけ避けましょう。
激安弁当などは出来るだけ避けましょう。
コンビニのハンバーガーやサンドイッチは出来るだけ避けましょう。

 

出来るだけ、

 

自分で作って食べましょう!

 

ではまた。